RC造の土台に浮かぶポップな家型狭小住宅

20坪の敷地に計画されたこの住宅は高度斜線により導き出された外観を持ち、地表数メートルの軟弱地盤をすきとり地下とする事で地盤改良を無くしている。容積率から確保出来る面積は32坪までだが、地下による容積率緩和を最大限活用し、結果43.5坪もの内部空間を保有している。内部はユニークなご夫妻のあったらいいなを余すところ無くちりばめた空間が目白押し。ご主人最大のこだわり『登り棒』や、杉板の壁が出迎える奥様自慢のダイニングバー、空を仰ぐ子供室、遊び場になる階段室の踊り場、コンクリート打放しの地下趣味室、それらが色彩豊かに彩られた楽しい家となった。

  • 1919
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1919
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

関東を中心に住宅・集合住宅・店舗・オフィス等の建築設計・監理、インテリアや家具、プロダクトのデザイン等を行っています。この世に一つしかないあなただけの大切な家を…

おすすめのアイデア

話題のキーワード