【ハンガー検証】どれを使ったらいいの?お洋服別ハンガーの選び方

皆さん、ハンガーは何をお使いですか?同じハンガーで揃えていますか?お洋服に合わせて様々な素材、形状のハンガーがありますよね。メーカーも価格も様々、私もとっても迷います。今回はありとあらゆるハンガー使い、数人のお客様にも何種類かのハンガーを試してもらいました。人気だったハンガー、気をつけてほしい点、選ぶポイントについてお伝えしたいと思います!

  • 9464
  • 60
  • 0
  • クリップ

トップス

トップスは3種類そろえると困りません。

●ジャケットやコート
ジャケットやコートは厚みが2cm以上のハンガーを選びましょう。型くずれしにくく、見た目もビシッとそろって気持ちよく、綺麗に保管できます。サラサラ生地やニットをかけるときは、滑り止めゴムを使えば肩が落ちてきません。

●シャツ
シャツはプラスチックに。クリーニング用でも十分です。つるつるしている分落ちやすいですが、逆を言えばかけやすいということ。我が旦那さんはクリーニング用を愛用しています。

●ニット
ニットは滑らないと片手で取れないから滑らないタイプは嫌という方が多かったです。ジャケットにもMAWAハンガーのような滑らないハンガーを好まれる方が多かったです。左の2つがMAWAハンガー。

ハンガーサイズ選びのポイント

ハンガーは服の肩幅によって選びましょう。一般的に、肩幅の直線距離から1〜2cm引いた幅がちょうど良いとされています。悩んだら42cmで統一するのもありです。ハンガーサイズは2〜3cm刻みなので、1〜2cm差し引いてちょうどいいものがない!というときは小さめを選ぶとよいとされています。

ズボン

ズボンハンガーは向きが2種類あるのでご注意。狙ったズボンをサッと取り出したい方は、画像左の手前がオープンタイプがおすすめ。ハンガーごとサッと取り出したい方は画像右の手前にバーが来ているタイプがおすすめです。細いとたくさん吊るせるが、線がつくこともあるので太さもチェックしましょう。

スカート

スカートハンガーはクリップがコンパクトなもの(右:KUENTAI)がたくさん吊るせて好評。クリップがつかみやすく衣類に優しいF-Fit(左)も人気でした。

KUENTAI(左)はクリップの幅が自在に調整できるので人気。クリプの幅が自在に調整できないタイプもあるので、吊るしたい衣類によっては注意が必要です。

フックがかえって邪魔になる。。薄いハンガーはフックなしがオススメです。

以上です!いかがでしたか?

大きさ、幅、質感、使用感などなど、今回のMAWAハンガーやズボンハンガーのように、使ってみないとわからないこともたくさんあります。ハンガーはお洋服の形状や質感、吊るしたい数にあわせて必要です。きちんと自分の好みと数を把握してから、全数揃えたいところ。まずは試し買いをして、自分の使いやすいハンガーを見つけてみてくださいね。口コミが良いからといって自分が使いやすいとは限りません!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

片付けノウハウだけでは片付かない…
それは、あなたの心に耳を傾けて!というサインかも?

お片付けに悩んだら、おうちデトックスへ♪

「仕事と子育てで部屋がはちゃめちゃ…」
「片付けたいのに片付けられない…」
「イライラして家族に優しくできない…」

そんなお悩みも、部屋が片付くと解決できるかもしれません。

勇気を出して、お片付けデビュー!
罪悪感とイライラの毎日から、一歩踏み出しませんか?

  • 9464
  • 60
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ