あたり前の使い方をしない!2段ベッドを子どもの秘密基地に!①準備編

普通は寝るために使う2段ベッド。それを子どもたちの秘密基地に変身させました。この記事はその変身のための準備編です。

  • 19070
  • 35
  • いいね
  • クリップ

あたり前のものをあたり前に使わない。
これって実は簡単そうで難しいことです。
今まで「こうだよね」と思っていた考え方を全部取っ払って、新しい考え方をする。
最初はとても勇気がいることかもしれません。
でも、その「あたり前」の壁をなくすと、思ってもみなかったアイデアが生まれたり、今よりもっと快適に暮らせるかもしれません。

この記事はその「あたり前」の壁をなくして、2段ベッドを子どもたちの秘密基地にしたお話です。

本来2段ベッドは寝るためのもの。
それ以外の使い方をしている人は、私は見たことがありません。

2段ベッドを購入したきっかけは、せまいアパートで空間を有効に使うためでした。
買った当初は写真のようにベッドとして使っていたのです。

ですが、その当時の我が家の生活スタイルとどうも合わない、なんか違う、そんなモヤモヤを抱えていました。

だからと言って購入したものをすぐに処分はできないし、まして2段ベッドのような大きな物を動かすというのも大変。
どうしたもんかなーと悩んでいたとき、ふと思いついたのです。

「ベッドとして使わなくていいんじゃないの?!」と。

その頃の我が家はというと、娘(当時5歳ぐらい)はシルバニアファミリーに夢中、息子はまだ赤ちゃんだけれど動きが活発になってきた、といったかんじ。
娘に思う存分シルバニアファミリーで遊んでもらいたいけれど、万が一息子が小さいおもちゃを手にしたら怖いな、という心配がありました。

そこで2段ベッドを娘のスペースにすることにしたのです。
ベッドの中のスペースだけでシルバニアファミリーで遊び、そこからは一切持ち出さない、というルールを娘と考えました。

さて、そう決めたもののまずは土台をどうするか決めなければなりません。
ベッドについているすのこはそのまま使うとして、そのすのこの上になにを敷こうかいろいろ考えました。

一時的なことなので、できるだけ安価にすませたい、でも見た目がいいもの、という条件で思いついたのがジョイント式のコルクのマット。

早速大きさをはかり必要分をネットで購入しました。
こちらは縁のコルクもあるので、周りまできっちり敷き詰められるのが魅力です。
ハサミで簡単に切ることができるので、ベッドの大きさに合わせるのも簡単。
キッチリ隙間なくコルクを敷き詰めることができました。
かかった時間は1時間ぐらいです。
女性でも簡単でにできますよ^^

これが完成写真です。

これで2段ベッドを秘密基地にするための準備はOK!
コルクの肌触りもいいし、見た目もすっきりして見えます。

あたり前を取っ払って別の使い方をする。
最初は主人に驚かれましたが、狭い空間を有効活用する、という意味では同じなので最終的には「これもありだね」と言っていました。

今は年月がたって本来のベッドとして使っていますが、子どもたちからも「2段ベッドを秘密基地に!」はとても好評でしたよ。

家の中にモヤモヤしている場所がある方は、ぜひ「あたり前」を取っ払ってみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 19070
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

香川県高松市の片づけ暮らし方コンサルタントakaneです。ご自宅などの片づけ作業や収納のご提案、片づけや暮らし方に関する講座を各種行っております。面倒なことをい…

片づけ暮らし方コンサルタント akaneさんの他のアイデア

インテリアのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード