人気インフルエンサー・ゆぴのこさんに聞きました!ぬくもりを感じるおもてなしインテリア術。ワークショップも開催!

マイホームで家族とくつろいだり、気のおけない友人とホームパーティーをするのはかけがえのない時間。自分流に、さりげなくおしゃれに演出したいですよね。そこでご登場いただくのはLIMIAでトレンドセッターとして大活躍中のゆぴのこさん。木工雑貨や家具を得意とし、ご自身でお店も営むクリエイターであるゆぴのこさんに、おもてなし空間のインテリアコーデやモノづくりの楽しさについて伺いました。

ABCハウジング
  • 45386
  • 289
  • 1
  • クリップ

いつかは叶えたい、マイホームを持つ夢

インテリアや収納にこだわるうちに湧き上がってくるのは「マイホームを持つ」という夢。こだわりがカタチになった理想の家を、自分流にコーディネートしていくことを想像するだけでワクワクしますよね。家族がくつろげて、思わず親戚や友人を招きたくなるステキな家を持つのは、ライフステージにおいてもっとも胸の高鳴るイベントです。

家の中心となるのはリビング。それも今どきの住宅はオープンキッチンが主流で、料理をしながら家族と交流を図ったりお客様をおもてなしできるリビングダイニングは、いわば家の“顔”。LIMIAユーザーのみなさんにも「ここのインテリアは特に凝ってる」という方も多いのでは?

住宅トレンドを常にチェックしているLIMIA編集部ですが、特に新築では、家族が集うのはもちろん、お客様を招くことを前提とした開放的なリビング設計に力を入れている物件が多いという印象です。

“自分らしい空間”でおもてなしをする楽しさ

現在のゆぴのこさんのお宅にはみずから作ったものがたくさん!

実際にマイホームを構えたとき、どうすれば自然と家族が集い、くつろげる空間を作ることができるのでしょう? そして、家に遊びに来てくれたお客様にも心から楽しんでもらえる……。そんな温もりのある“おもてなし”の場を演出する秘訣をインテリア上級者に習いましょう!

LIMIAで人気のインフルエンサーでハンドクラフトを得意とする、ゆぴのこさんにお話を伺いました。

ーーゆぴのこさんが家具や雑貨作りをはじめたきっかけは何だったのですか?

「家中を模様替えしたいと思ったのがきっかけです。もともと家具を作ることを目標に始めましたが、工具すら握ったことがなかったので、まずは100均の木製商品を買い集めてビスや釘打ち、ペイントやステンシルの練習から始めました。当時は、まだとても作品と呼べるものではありませんでした」(ゆぴのこさん)

サイドテーブルがグリーンを置ける場所になっていて、機能もデザインも追求されたゆぴのこさんの作品。くつろぎの空間にぴったりですね。

ーーゆぴのこさんは木材を使用した作品がお得意ですが、作ることそのものの楽しさを教えてください。

「まず、作りたいものを頭に思い描きます。そして、それがどんどん形になっていく過程が一番楽しいですね」(ゆぴのこさん)

ーー“おもてなし”という観点から、リビングのインテリアや演出でこだわっている点はどこですか?

「家具のサイズが空間にピッタリであることがまず1つ。そして、デザイン性だけにこだわらずきちんと機能的であること、周りの家具や雑貨とのバランスも考えることでしょうか」(ゆぴのこさん)

ーー家具や雑貨で部屋をコーディネートする際のポイントを教えてください!

「リビングは憩いの場なので、居心地のよい空間づくりを目指しています。なるべく生活感のあるものは置かないところも気をつけたいポイントですね。また、ソファを中心とした団らん型の配置にして、癒しにもなるグリーンをたくさん置くなど、さまざまな工夫をしています」(ゆぴのこさん)

こちらもゆぴのこさんの作品。ウッディなマガジンラックにグリーンを合わせています。

ーーご家族や、おうちにお招きした方々がゆぴのこさんの作品に触れたとき、どんな感想の声が上がりますか?

「実は家族はあまり関心がなくて(笑)。でもお客様には100%の確率で褒めていただけます! 『これも手作り!? クオリティが高い』などのお声をいただきます」(ゆぴのこさん)

ゆぴのこさんと一緒にハンドメイドできるイベントを開催!

ここでLIMIAユーザーのみなさんにニュース! 2018年8月に、ゆぴのこさんと一緒にハンドメイドを楽しめるワークショップイベントを開催します。実はゆぴのこさん、日頃からワークショップの講師として活躍されているんです。

今回のイベントで作るのはこちらの木製のキャニスターです。思わず手に取りたくなる、ほっこりかわいい印象ですね♪

「今回のキャニスターは、短時間で難しい工程なく作れて、なにかと使えるのでとっても便利です。どんぐりの帽子のような蓋がポイントです! ステンシルで文字を施すとよりキャニスターらしくなりますよ」(ゆぴのこさん)

ーーおうちにお客様を招くとき、こういったオリジナルの作品を食卓に置いておくと話に花が咲きそうですね。ワークショップに参加するの方へのメッセージをお願いします!

「『手作りしてみたいけどなかなか1歩が踏み出せない』というお声をよく耳にします。ワークショップはそんな方々にもってこいの場です。材料・道具はすべて揃っていますので気軽に楽しむことができます。実際にやりながらレクチャーしますし、わからないことはその場で遠慮なくご質問ください。ぜひこの機会に自分で作ったものを実際に使ってハンドメイドの楽しさや喜びを感じていただきたいです。作品は初心者さん向けの簡単なものですので、未経験者さん、お子様のご参加もお待ちしています!」(ゆぴのこさん)

初心者さんでもOK♪ LIMIAならではのワークショップ

今回開催するLIMIAイベントは、“見て”、“触れて”、“体験”することで暮らしがぐっと彩られるーーそんな住まいづくりのメソッドを学べる場を目指しています。

会場は、ABCハウジングが運営する首都圏の9つの総合住宅展示場。会場は「住宅公園」と名付けられているだけあって公園のようにリラックスできる環境で、さまざまなハウスメーカーのモデルホームをゆったりと見学できるんです♪ 将来的に戸建て、新築、建て替えを考えている方にとっては、たくさんの最新モデルの住宅に触れられる絶好のチャンス!

住まいに関心の高い方にとってこの上ない環境で行うワークショップには、3名の人気クリエイターが講師として登場。当日ご参加のみなさんに作っていただくのは、LIMIAでトレンドのナチュラルな素材を使ったインテリアアイテムで、普段ハンドメイドをやっていない方でも作りやすいものばかりです。自分で作れば愛情もひとしお! きっとリビングに飾ってみたくなりますよ♪

①ゆぴのこさんの《ウッドキャニスター》

●講師プロフィール:ゆぴのこさん
オリジナル家具&雑貨〔Y.P.K.WORKS〕運営。大手ホームセンターなどでワークショップ講師を務めるほか、インテリア、DIY関連のイベントで活躍中。著書に『yupinoko's DIY&INTERIOR STYLEBOOK』が。

●作るもの:ウッドキャニスター
汎用性のある木製キャニスターで、ボックス部分は水性塗料、蓋はステイン塗料で仕上げます。サイズはW90×D90×H113mm

②elie.さんの《LEDキャンドルホルダー》

●講師プロフィール:elie.さん
インテリアデザイナー、インテリアアドバイザー、DIY工作アドバイザーとして活躍中。『スッキリ』や『ヒルナンデス!』などテレビ出演も多数。

●作品:LEDキャンドルホルダー
砂や貝殻を使って夏っぽくに仕上げるガラス製のキャンドルホルダー。実際のキャンドルを入れて使うこともできます。

③末永京さんの《壁紙コースター》

●講師プロフィール:末永京さん
DIYアドバイザー。DIYとインテリアのお店〔ToiToiToi〕店主。各地でワークショップの講師を務め、店舗や住宅のDIYプロデュースも行う。

●作品:壁紙コースター
丸型のコルクに壁紙を貼り、周りを立体パールの作れる塗料でデコレーション。和洋どちらのインテリアにもマッチする、おもてなしにぴったりのもの。

『ABCハウジング×LIMIA わが家の“住まいづくり”レッスン』概要

「暮らしを彩るひと工夫」を学べるレッスン、ぜひ会場で体験してくださいね! みなさんのご応募、お待ちしております♪

●実施日:2018年8月4日(土)、5日(日)、11日(土・祝)、12(日)、18日(土)、19日(日)
●開催時刻:10:30、11:30、14:00、15:00(※各回限定20名様)
●会場:総合住宅展示場 ABCハウジング〔市川住宅公園〕〔川口住宅公園〕〔戸塚住宅公園〕〔土浦住宅公園〕〔新・川崎住宅公園〕〔八王子住宅公園〕〔西湘・小田原住宅公園〕〔ハウジングワールド立川〕〔成城住宅公園〕
●参加方法:『住まいのアンケート』にご協力ください

  • 45386
  • 289
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード