屋根の断熱リフォーム!一年中快適に過ごせるポイントをご紹介

今回は、屋根の断熱リフォームのポイントについてまとめました。夏涼しくて、冬は暖かい。そんな家なら1年中快適に過ごせますし、光熱費もかからず、地球にもお財布にも優しい理想の住宅になるでしょう。より効率よく断熱効果を上げたいなら、家を覆っている屋根を断熱リフォームするのがおススメですよ。

  • 2782
  • 2
  • 0
  • クリップ

なぜ屋根に断熱が必要なのか

一戸建て住宅の2階の部屋が猛烈に暑く、冷房が全く効かないというのは、良く耳にする話ですね。住宅の中で最も強い日差しを浴びる屋根。日差しの強い夏は、屋根の温度は50~70度にもなります。家を覆っている屋根が高温になっていれば、当然、天井や壁に熱が伝わり、家の中も蒸し風呂のような状態になってしまいます。
また、寒い冬になると、温めた室内の空気は上昇していく性質があるため、屋根や外壁から外へ逃げてしまい、暖房効率が悪くなってしまいます。

つまり、屋根から伝わる熱を断つことで夏は涼しく過ごせますし、上昇する暖かい空気が屋根から外に逃げるのを防ぐことで、冬は暖かく過ごすことができるのです。

屋根の断熱にはどんな方法があるの?

屋根断熱をする場合、屋根の垂木間や野地板の下面に断熱材を張りつける方法と、屋根の葺き替えと同時に屋根材の下に断熱材を張る外張り断熱があります。どちらも屋根の傾斜に合わせて、かつ広範囲にわたって施工することになるので、プロの業者さんに工事してもらう必要があります。そのため、費用が高くなりがちな点がデメリットでもあります。

費用を抑えて屋根の断熱をしたい場合には、天井断熱という方法もあります。天井の上、小屋裏の部分に断熱材を敷き詰めるなどして、断熱効果を得る方法です。新築時に天井断熱を施してある住宅もありますので、屋根断熱リフォームを依頼する前にチェックしておくといいでしょう。

住まいの環境や、設備を考慮する必要はありますが、より断熱効果を上げたいなら、屋根断熱と天井断熱の併用がおススメです。

屋根の断熱で注意したい点は?

一般的に、屋根断熱は夏場の暑さ対策に効果的で、天井断熱は冬場の暖房・保温効果に優れていると言われています。
屋根断熱は主に勾配天井、いわゆる三角屋根に施工されるので、見た目にもおしゃれですし、ロフトや屋根裏収納など室内空間を広く使うことができます。反面、冷暖房範囲が広いことを意味しており、熱効率はあまり良いとは言えません。天井断熱には平らな天井が必要となります。そのため、屋根裏を生活空間として使うことはできませんが、室内空間としては閉じられているので温度管理はしやすくなります。しかし、天井断熱の場合、天井裏に換気設備がないと湿気と熱がこもって断熱効果があまり上がらないことがあります。

おわりに

満足できる屋根断熱リフォームをするためには、家の景観、熱効率、ランニングコスト、防湿効果なども併せて考慮する必要があります。近年、断熱効果が高く、1年を通して快適に過ごせるエコ住宅が注目を浴びています。築年数が経っていても、屋根断熱リフォームをすることで、快適な住まいを手に入れることができます。

しかし、屋根断熱でより効果を上げるためには、専門的知識と技術が必要です。「どんなところで相談したらいいのかわからない」、「費用や工事期間を比較検討したい」という方には家に居ながらにして、屋根断熱のプロに相談することができる一括見積がおススメです。一括見積を利用して、賢く、手間なく、快適な住まいを実現しましょう!

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2782
  • 2
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード