【DIYレシピ】簡単にできる!自分だけの手作り染料アイテムの作り方!

いよいよ夏も本番です! 夏と言えばやはりTシャツ、そこで、この夏は自分でDIYしたTシャツをつくってみませんか? オリジナルのTシャツを作ると聞くと、業者に出す、とイメージされるかもしれませんが、実はご自宅で簡単に作ることができるんです。え? でもどうやったらいいかわからないし、材料も何を揃えればわからない、という方、今回はそんな皆様のために〔エンチョー〕がTシャツの作り方をお伝えします。世界で一つのオリジナルのTシャツをきておでかけしましょう!

  • 4567
  • 18
  • 0
  • クリップ

《ECO染料》を使ってオリジナルアイテムを作る!

今回は染料を使って、Tシャツを制作します。でも、染料ときくと手がかぶれやすいイメージはありませんか? Tシャツをつくりたいけれど、肌が弱い方なので染料は敬遠してしまう、そんな方でも今回使用する《ECO染料》なら肌に優しく、綿、麻、絹、レーヨン、ナイロンなど染められる素材も豊富にそろっているのでおすすめです!

気になる材料はこちら!

今回は〔エンチョー〕でも販売しているこちらの商品を使用します。

・《コールダイオール(ECO染料)》…… 1個
・《ミカノール》……1個
・食塩(発色をよくする助剤)……適量
・台所用液体洗剤(中性洗剤)……適量

使用する材料はこの4つのみ。思ったより少ないと思いませんか? こちらの商品は全て〔エンチョー〕で購入が可能です。

簡単5STEP《ECO染料》をつかったTシャツの作り方!STEP1:軽量

まずは染めるTシャツの重さをはかり、材料の分を計算します。

簡単5STEP《ECO染料》をつかったTシャツの作り方!STEP2:下準備(柄づくり)

お好みの柄になるように輪ゴムで固定します。染めたらどんな柄になるかをイメージしながら縛るのがポイントです。どんな柄に染めるかはあなた次第。例えば好きな柄などを雑誌やインターネットなどで見ながら、参考にしてみるのもいいかもしれませんよ。

簡単5STEP《ECO染料》をつかったTシャツの作り方!STEP3:染め液づくり

染料と熱湯を耐熱容器に入れて、ゆっくりと溶かして染め液をつくります。ポイントは熱湯で溶かすこと、ダマがなくなりきれいに仕上がりますよ。

簡単5STEP《ECO染料》をつかったTシャツの作り方!STEP4:染色

バケツに布がゆったりつかるくらいの水を用意します。染め液と食塩を加え、その中にTシャツを入れてかき混ぜながら染めていきます。食塩は発色をよくしてくれる役割を果たします。全体に色がなじんだら、かき混ぜずにおいておくだけでOKです。しばらく待ちましょう。

簡単5STEP《ECO染料》をつかったTシャツの作り方!STEP5:仕上げ

20~30分たったら中性洗剤を少量溶かした水でよく洗いましょう。色が出なくなったらバケツに色止め剤の《ミカノール》と水を入れ40分ほど漬けておきます。

水洗いして陰干しをして完成です!

この夏は《エコ染料》でDIYしたTシャツを着ましょう!

いかがでしょうか。思ったより簡単に作れると思いませんか? お子様とおそろいの柄や色にして親子でDIYしたTシャツをこの夏に着てみませんか?

今回は綿100%の布を染めましたが、染色する素材やイメージしている濃さによって分量や助剤が異なってきます。使用する前に、染料に付いている説明書を確認してから作業をしてくださいね。材料のお求めは、お近くの〔エンチョー〕をどうぞご利用ください。

●コールダイオールECO 各色 398円
●ミカノール(50ml) 428円

〔エンチョー〕では、DIYが好き、DIYに興味を持っている女性の皆さんのために《DIY女子倶楽部》を実施しています。自分好みの小物を作りたいけど、材料はどれにしたらいいかわからない、道具はどうやって使ったらいいのか? そんな方たちを《エンチョー》はお手伝いします。DIY仲間も増えますよ! まずはお申し込みを!

  • 4567
  • 18
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード