梅雨のイライラとさよなら!濡らさない傘〔アンヌレラ〕が便利すぎ♪

雨のシーズンで必ずといっていいほど遭遇するイライラといえば、濡れた傘のしずくで周りの人やモノを濡らしてしまう問題です。電車の中や人混みで隣の人の洋服が濡れないかヒヤヒヤしてしまうことってありますよね? そんな悩みを解決してくれる、画期的な傘があるんです!

  • 7485
  • 130
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ひと振りで雨粒をオフ!〔unnurella(アヌレラ)〕で雨の日もハッピーに♪

「濡らさない傘」をコンセプトに誕生した〔アンヌレラ〕は、レイングッズを通じてライフスタイルを発信する〔WORLD PARTY〕が手がけるブランド。そのコンセプト通り、なんと一振りで雨粒をオフ (※)して、いつも乾いた状態をキープできるスグレモノなんだとか。

その秘密は、世界的ファブリックメーカー小松精練と共同開発した「生地」にあります。〔アンヌレラ〕に使われる超高密度の繊維は、撥水度試験5等級を達成。通常の倍以上の細い糸を使って高密度に作り上げているのだそう。

また、高密度な繊維を用いることで、UV加工をしていないにも関わらずUV遮光率99%を記録。雨晴兼用傘としても使えます。

濡れっぱなしの傘は、雨の時期のストレスの元。〔アンヌレラ〕なら、そんなイライラから解放されて、晴れた日にだって活躍してくれるんです!


※小さな雨粒は、振り方の強さによっては生地の表面に残る場合があります。

折りたたみはわずか180g!好みで選びたいバリエーション

〔アンヌレラ〕のラインアップは折りたたみ傘、長傘の2タイプ。他にもシックなデザインと大きめサイズで、ビジネスシーンにぴったりな〔アンヌレラ ビズ〕シリーズがあります。

〔unnurella〕《unnurella mini》3,900円(税抜)

特におすすめなのが、折りたたみタイプの《unnurella mini》。2018年2月に発売した新モデルは、撥水・UV性能はそのままに、生地をより薄くすることでさらに軽くなったのだとか。その重さはわずか180g。500ml入りペットボトルの半分以下の重さです。これだけ軽いなら、梅雨時期はもちろん、日焼けやゲリラ豪雨が心配な夏も、いつもバックに忍ばせておけるからうれしいですよね。

もちろん抜群の撥水性能だから、雨に濡れたあともひと振りしてすぐにバッグにしまえちゃいます。

〔unnurella〕《unnurella mini》3,900円(税抜)

デザインも、シンプルな無地に加えてプリント5柄が仲間入り。無地はポップなカラー展開で、雨の日を楽しく過ごしたい方にぴったり。柄ものは落ち着いたパターンで、どんなお洋服とも合わせやすそう。

〔unnurella〕《unnurella long》3,900円(税抜)

長傘タイプの《unnurella long》はスッキリした持ち手のスタイリッシュなデザイン。持ち手と先端には滑り止め素材が使われていて、壁やテーブルに立てかけたときにずれにくい工夫がされているんだとか。こんな細やかな気遣いも、傘にまつわるちょっとしたストレスを解消してくれるうれしいポイント。

《unnurella mini》、《unnurella long》共に、単色カラー6色と、プリント5柄展開です。

〔unnurella biz〕《Umbrella》4,800円(税抜)

ビジネスシーンを想定した〔アンヌレラ ビズ〕も、長傘と折りたたみ傘がそろいます。4色のカラー展開は、どれも落ち着いたシックな色合いで、フォーマルなシーンはもちろん、大人っぽいデザインが好きな方にもおすすめ。

長傘は〔アンヌレラ〕よりも少し長めの65cm。折りたたみ傘は、自動開閉式となっているため、スマートに扱えます。

〔unnurella biz〕《Folding umbrella》5,500円(税抜)

どれも撥水・UV性能はお墨付き。好みや用途に合わせて、お気に入りの1本を選べます。プレゼントにしても喜ばれそう♪

お手入れして長く愛用しよう♪

〔アンヌレラ〕は独自の高密度繊維による撥水効果で、熱に弱い防水剤は使用していません。定期的な水洗いと合わせて裏面からアイロンで熱を加えることで、撥水力を持続できるのだとか。

飽きのこないシンプルなデザインで、雨晴兼用だから長く愛用できそう。この梅雨は〔アンヌレラ〕の傘で、雨の日のイライラとはさよならして。夏のおでかけの相棒としても頼りになる1本を手に入れてみてはいかが?

  • 7485
  • 130
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード