大人女子の着回し研究所♡2018年夏のシャツワンピース編

家事に育児、仕事にと忙しいアラサー・アラフォー世代。そんな大人女子の毎日のコーディネートを劇的に楽にするために、ここに発足しました『大人女子の着回し研究所』! 今回注目するのは魔法のアイテム、シャツワンピースの着回しです。

2018年夏のトレンドチェックしつつ、毎日気軽に着回せる大人女子にぴったりなワンピースを一緒に研究していきましょう!

  • 6616
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

大人女子の着回し① オープンカラーシャツワンピース

最初に注目したのは、お仕事コーデにぴったりなオープンカラーシャツワンピース。

ネイビー×ホワイトの定番柄ではありますが、ありきたりに見えないのは2018年夏のトレンド、オープンカラーを取り入れているから。メンズライクな襟元と、レディなワンピースが大人女子にぴったりの甘辛バランスを実現しています。

スカート丈もやや長めのひざ下ミディ。広がりすぎない上品なフレアスカートがとっても素敵ですよね。

ウエストのリボンをキュッと結んで、レザーのパンプス&バッグを合わせれば、クールビズスタイルに最適な、憧れの先輩コーデの完成です!

このオープンカラーシャツワンピースを、ちょっとおしゃれをして出かけたいショッピングや、休日のおでかけなど、おしゃれ感とかわいげをプラスしたいシーン向けに着回してみましょう。

ポイントは、シューズとバッグを変えるだけ! シャツワンピースの着こなしは、オフィスコーデと同じだから、着回しと言うのも大げさなほど簡単に印象が変わります。

レザーのパンプスをヌーディーなサンダルへ、ブラックのきちんとバッグを、かごクラッチへ。この2点を取り替えただけで、ガラッと印象が変わりますよね。

小物だけで雰囲気がぐっと柔らかくなるから、お仕事から飲み会なんて予定の日にも頼れそうです。

今度は、気の置けない友人との女子会やアミューズメントパークへのお出かけなど、休日の大人カジュアルにぴったりな着回しをご紹介します。(上記同じ形の無地のシャツワンピースでご紹介しています。)

シャツワンピースのボタンとベルトをすべて外して、羽織りものとして活用するテクニック。もはや定番になったガウン風の着こなしですが、意外と苦手意識を持っている方も多いのでは? 

この着回しを上手に成功させるポイントは、全身の色味を揃えること。パンツは、ワイドパンツやスキニーパンツよりも、程よい太さのストレートパンツを選ぶと、初心者でもうまくいきますよ♡

大人女子の着回し② ノースリーブシャツワンピース

続いて注目したのは、リラックスした中にもかわいらしい雰囲気を感じる、カジュアルテイストなノースリーブスシャツワンピースです。

上半身はすっきりとコンパクトに、スカートはたっぷりとすそに向かって広がるフレア。シャツを腰に巻いたようなデザインがユニークです。

1枚で着てもおしゃれだから、ストレスフリーで気軽に過ごせますね。ジュート素材のウェッジソールサンダルや、半円形のかごバッグを合わせればリゾートにもぴったりなLOOKが完成します♡

ところがこちらのシャツワンピース、フロントのボタンはトップス部分のみ。定番のガウン風な着こなしができないデザインですが、どんな風に着回しをすればいいのでしょうか?

ノースリーブシャツワンピースを、リゾートテイストからタウンユース向けに、普段使いも可能なカジュアルシーン用に着回してみましょう。

こちらは、シャツワンピースの上からラフにTシャツを重ねた、ボーイッシュな雰囲気のコーディネート。

この着回しでカギになるのが、ウエストに施された腰巻シャツ風のベルト! このベルトがあるからこそコーディネートにメリハリが効いて、トップスとロングフレアスカートを合わせたような着こなしを楽しむことができるんですね♪

2018年のトレンド小物であるキャップや、デイリーカジュアルにぴったりなバックパック&スニーカーを合わせたら、気取らない大人カジュアルの完成です!

今度はピクニックやBBQなど、休日のプチアウトドアシーンにぴったりの着回しをご紹介します。

ワンピースの下にストレートデニムパンツを履くことで、アクティブで元気な印象になりますよね。腰のシャツ風ベルトは、ぐるぐるっと結んでコーディネートのアクセントに。ラフで大人可愛く、女性からも男性からも好感度の高いコーディネートが叶います。

帽子を、先ほどのキャップからストローハットにチェンジしたことで、よりナチュラルで親しみやすい雰囲気を演出。ペタンコのサンダルも、2018年の注目小物のひとつ。エレガントなフレアスカートに抜け感が生まれるから、ぜひ真似したいテクニックです。

大人女子の着回し③ シャツワンピース×レギンスコーデ

最後は、すこし趣向を変えて、2018年夏のシャツワンピースの着回しに間違いなく使える"レギンスパンツ"をご紹介します。

一度はブームが去り、子どもとオバサンしか履かないとまで評されたレギンスも、2017年末頃から人気が復活! ロング丈のスカートやワンピースと合わせた着こなしが、大流行の兆しを見せているんです。防寒アイテムとしての側面もあるレギンスですが、この流れは夏にも続きそう!

シャツワンピース×パンツの重ね着はちょっと難しい……と感じてしまう方も、かつて一斉を風靡したレギンスとの組み合わせなら、気軽にトライできますよね。

細かい縦長シルエットを作ってくれるリブ素材や、ほっこりとした印象になるワッフル素材、スポーティでアスレジャーな装いにぴったりのライン入りや大人っぽい雰囲気になるスリット加工など、レギンスのデザインもバラエティに飛んでいます。

ブラック・グレー・ベージュなど、色味でも大きく印象がかわるので、色違いで購入するのもおすすめ。シャツワンピースの着回しの幅がぐっと広がりますよ♡

大人女子ならシャツワンピースを着回して時短コーデを!

忙しいアラサー・アラフォー世代の毎日を救う大人女子の着回し研究所。今回は、2018年夏のトレンドを加味したシャツワンピースの着回しについて研究してみました。

そのまま着るだけでも小物選びで大きく印象が変わるシャツワンピース。ガウン風の着回しやトップスを重ねる着回し、レギンスを合わせた着回しにも、ぜひ挑戦してみたいですね。

  • 6616
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

5歳と1歳の男の子ママ。ママモデル・ソーシャルスタイリストの経験をいかして、アラサー・アラフォー世代にぴったりな、等身大ファッションやインテリアの話題を中心に紹…

おすすめのアイデア

話題のキーワード