もう太陽なんて怖くない!美肌を守る紫外線対策グッズ10選

日焼け止めや長袖などで紫外線対策を行っているという方は多いはずです。しかし、日常的に行っている紫外線対策は正しいものでしょうか?今回は、正しい紫外線対策の方法、人気の高い紫外線グッズ、日常使いしやすい紫外線対策グッズをご紹介します。

  • 992
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

紫外線対策をしないとどうなる? 正しい紫外線対策と役立つグッズ

紫外線対策をしないと、シミやシワのリスクが高まります。また、ほくろが増えたり目のトラブルに見舞われたりと、さまざまな問題が起こりやすくなってしまうのです。日焼け止めを塗ったり、長袖や長ズボンを着用したり、アームカバーをしたりと紫外線対策を行っている方は多いでしょうが、実は紫外線は肌だけではなく目からも侵入します。そのため、帽子や日傘、サングラスなどのグッズも活用して紫外線から目を守ることが大切です。

女性に人気の紫外線対策グッズとは?

紫外線対策グッズはたくさんありますが、その中でもとくに人気なのが帽子やアームカバー、ネックカバー、フェイスカバーといった身につけるアイテムです。また、ベビーカーに取りつける照り返し防止シートやUVカット機能つき虫除けネット、ベビーマントなど赤ちゃん用の紫外線対策グッズも人気が高い傾向にあります。このほか、衣類用の紫外線対策スプレーなどの変わり種アイテムも注目されています。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~コットンハット~

つばの広い帽子を着用すれば、紫外線が顔にあたるのを防ぐことができます。こちらのアイテムは、カジュアルなおしゃれを楽しみながら紫外線対策ができるUVカット機能つきのコットンハットです。つばにハリがあり、折り上げるなどのアレンジが可能。カラーが10種類から選べるほか、サイズ調整ベルトつきなので髪に跡が残りにくく、くるくる丸めるとコンパクトになるためもち運びもらくらくです。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~ストライプの日傘~

太陽が出ている日のマストアイテムといえば日傘。日傘=黒と思いがちですが、こちらは薄いスミクロ×アイボリーと、薄いネイビー×アイボリーのコントラストが上品な印象を与える折りたたみ式の日傘です。UVカット率は90%で、晴雨兼用。職人による手作業で作られており、生地には「播州織(ばんしゅうおり)」、もち手と石突には天然木のサカキを使用しています。カジュアルな装いにマッチする、普段使いしやすい1本です。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~サングラス~

紫外線から目を守るには、サングラスが必須! 目をすっぽりを覆うような大きめのサングラスを選びましょう。こちらのグッズは、特許を取得した話題の《メラニンレンズ》を使用したサングラスです。紫外線を99%以上カットするため、紫外線による目へのダメージを軽減できます。また《メラニンレンズ》の上にUVカット機能のあるグラデーションカラーを施すことで、2重のバリアを作っています。レンズの色が薄いので景色が暗く見えることも少なく、自然な印象でかけられます。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~だてめがね~

「サングラスは気恥ずかしくて抵抗がある」という方には、UVカット機能つきの伊達メガネがおすすめです。ファッションとして取り入れやすいため、さまざまなシーンで重宝します。こちらのグッズは、おしゃれでかわいいウェリントン型の伊達メガネです。シンプルでカジュアルなデザインなので、コーディネートに取り入れやすく、ファッション感覚で長く愛用できます。フロント14cm、テンプル14cm、レンズの横幅5.3cm、レンズの縦幅3.7cmです。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~アームカバー~

腕は露出しやすい部分のため、アームカバーを着用するのがベスト。涼しい素材で作られたものなら、暑くて熱中症になる危険も少なくてすみます。こちらのアイテムは、冷感素材のアームカバーです。UVカット機能つきで、吸水性や速乾性、ストレッチ性にもすぐれています。薄手で肌にフィットしやすく、継ぎ目のないオールシームレス仕様なので見た目もきれいです。カラーは6種類で、手首までのタイプと手の甲を覆うタイプの2種類から選べます。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~ネックカバー~

首やデコルテは皮膚が薄いため、紫外線のダメージを受けやすい場所。そんな首周りをしっかりとガードできるのがネックカバーです。日焼け止めを塗る必要がないため、肌への負担も軽くできます。こちらのグッズは、首裏に保冷剤を入れられるポケットがついたネックカバーです。UVカット率は98%で、触れるとひんやりする冷感素材を使用しています。前開きで着脱が楽に行えるほか、洋服の内側に入れれば着こなしも自然です。カラーはブラックとホワイトの2種類です。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~フェイスカバー~

顔、首、デコルテをすっぽりと覆うフェイスカバーは、広範囲をカバーできる優秀な紫外線対策グッズです。洗濯物を取り込んだり、庭仕事をしたり、自転車や自動車を運転したりと、さまざまなシーンで活躍します。こちらのアイテムは、超ロングサイズのフェイスカバーです。縦の長さが34cm、頬周りが60cmとゆったりサイズで、前後がないので被るだけで簡単に装着できます。UVカット率は95.7%です。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~UVスプレー~

「日焼けはしたくないけど、日焼け止めを塗り直すのが面倒」という方におすすめのグッズがUVスプレーです。シュッと吹きかけるだけでOK! 髪にも使用できるものを選べば全身1本でケアができます。こちらのアイテムは、ウォータープルーフのフレグランスUVスプレーです。髪に使用できるほか、白浮きしないので日常使いにぴったりです。また香りを同時にまとうことができ、トップ、ミドル、ラストと香水のように香りが変わるのも特徴的です。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~ベビーマント~

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。そのため、おでかけの際は紫外線対策を徹底することが大切です。こちらのグッズは、UVカット率93.7%のベビーマントです。ひんやりした冷感素材を使用しているほか、毛玉ができにくい素材を使用しています。吸水性にすぐれており、真夏でも蒸れにくく快適。フードが取り外しできるのもポイントです。洗濯ネットを使用して自宅でお手入れができるので、いつでも清潔さをキープできます。

普段使いしやすい紫外線対策グッズ ~ベビーカー用ネット~

ベビーカーはむき出しの状態。紫外線も虫も入ってくるため、UVカット機能つきの虫除けネットで対策を行いましょう。こちらのグッズは、デンマーク発のおしゃれな虫除けネットです。大きめのベビーカーにも使用できるサイズ感が魅力。ネットにはハンドメイドのネパールフェルトの飾りがあしらわれており、赤ちゃんの視界を鮮やかに彩ります。デザインは、ピンクフラワー、ブラックカー、ブラックエレファント、ブラックフラワー、スター、オバケの全6種類です。

紫外線対策グッズで3年後、5年後のきれいな肌を守る

今回は、紫外線対策グッズを10種類ご紹介しました。天気がいいと外出したくなるもの。しかし紫外線対策を行わなくては、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいやすくなるため注意が必要です。紫外線は肌だけでなく目からも侵入してしまうため、帽子を被ったり、日傘を差したり、サングラスをかけたりして、目もしっかりと守りましょう。紫外線対策グッズを探しているという方は、ぜひご紹介したアイテムを参考にしてみてください。


LIMIAからのお知らせ

保険アドバイザーがあなたにぴったりで無駄のない補償をご提案!

  • 992
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード