【キッチンDIY #6】原状回復できるフライパンフックを作ろう!

【フライパンフック】⬅︎正式名称はわかりませんが、キッチンツールフック!?フライパン掛け!?など呼ばれているアイテム。これを原状回復できる条件でDIYします!!

  • 12049
  • 112
  • 4
  • いいね
  • クリップ

みなさんこんにちは!ラクアです。



今日ご紹介するDIYは前回に続いてキッチンから



【フライパンフック】⬅︎正式名称はわかりません!(^^;)



(キッチンツールフック!?フライパン掛け!?など呼ばれているヤツ)

これを、原状回復できる条件でDIYします!!

完成写真

どこ?じゃなくて、コンロの奥、すのこ状の部分ね(^◇^;)

上部にフックを3つ付けてあります!



隣に見えているのは前回作った【スパイスラック】です。

ちなみに…

Beforeはこんな感じ

こんな感じに、レンジフードにS字フックを引っ掛けていたのですが、フックの向きが逆で使いづらく、強度にも不安がありました。



そこでまずは寸法表を兼ねて簡単な図面を描いてみました。

設計図

この設計図をもとにホームセンターに行って木材を切り出してきます。

使った木材はホームセンターで売っている厚さ18mmのラジアタパイン(集成材)

コスパが良く加工しやすい木材です。



かかった木材費用:3318円



工作室のおじさんに頼んだらチャチャっと切り出してくれましたー(๑˃̵ᴗ˂̵)

材料:木材(7枚)とフックのみ!

使うのはこの木材7枚とフックだけ。

制作工程① ニス塗り

この木材にニスを塗ります。

使ったのは【和信ペイント 水性オイルステイン(ウォルナット)】

……



……



乾くまでお茶でも飲みながらしばし待機…(*´ー`*)



ニスが乾いたら次の工程に。。。のはずがっ

しかーし!ここでトラブル!!

確認のため縦向きになる木材をあてがってみたところ、寸法の測り間違いか!?

予定より2、3ミリ短いではないですか!

予定では縦幅ぴったりの木材を、コンロ台とレンジフードの間に押し込む予定だったのですが、このままではスカスカで壁面に固定できない!!(T ^ T)



んー。ちょいと困りましたが、こんな時こそDIYの本領発揮!



これは逆にちょうど良いかも!と用意したのは

ホームセンターで購入した【スポンジゴム!】(粘着付)

10mm × 30mm × 300mm



【スポンジゴム】

これ、ゴムの感触に近い硬めのスポンジなのですが隙間材としては優秀!!



今回のようなちょっとした隙間に用いれば、程よい柔軟性で隙間を埋めてくれます。



木材の幅に合わせてスポンジゴムをカットしたら、木材の端に貼り付けます。

もともと3mm程度の隙間に対して10mmのスポンジゴムですのでムギューっと潰れてガッチリと土台となる縦板を固定してくれました ♪( ´θ`)

結果的にはこれが良いアイデアに!

スポンジゴムがアジャスターの役目をして、しっかり固定されました!



(※縦板を突っ張るために、【ラブリコ】や【ディアウォール】を使う人が多いですが、ちゃんと寸法を測ることができれば、クッションゴムだけでも十分な強度を持ったアジャスターの代わりになります♪)



縦板が短かかったことが逆に、結果オーライです ♪( ´θ`)



これなら壁に穴も開けていないから完璧な原状回復DIYになりました。

制作工程② ネジどめ

…さて! 気を取り直しまして( ´∀`)



ニスが乾いたら、写真のように等間隔の隙間を空けるように、同じ厚みの端材を間に挟んで平ネジで固定して行きます。



(※なので切り出した時の端材はとっておきましょー♪ )

ホールソーでネジ穴を掘ってから、25mmの平ネジを打ち込みます。



(※18mmの板を二枚合わせた状態なので、ホールソーで下まで突き抜けて、床を傷つけないようにー(汗))



ここで、途中まで組んだ状態で一度コンロ台に乗せてみました。

うむ。



なかなか良いのではないでしょうか♪



一番下の横板がなくても、カッコイイですけどねぇーー



悩んだ末、やっぱり5枚の横板を付ける事にします。

作業工程③ ワックス塗り

使ったワックスは

【ブライワックス・オリジナルBRIWAX(ウォルナット)】

ボロの雑巾でも構いませんがホームセンターで売っている【プロ・ウエス】を持っているとワックス塗りに便利です。



表面だけはワックスを二度塗りしてみました。



見えるところは念入りにね♪

作業工程④ フックの取り付け

こちらもホームセンターで購入したフック

おひとつ430円!(気に入ったのでちょっと奮発!)



(※フックの先端が太くなっているものが多いのですが、その場合引っ掛けるものを選ぶので、先端が太くなっているものは避けるのがポイントです)



これをコンロ台に戻せば今回の作業は終了!

フライパンフック完成!

ジャーン!



実際にフライパンをかけてみます。

どぉでしょー?



スパイスラックと同じテイストになってグッとしまった感じになりました(๑・̑◡・̑๑)

アレンジ次第で

フライパンフックとして作成しましたが、すのこ状に作ったことで、同じ厚みの板を好きな場所に棚として付けることができます。



使い方はあなた次第!!

…って、同じものを作ってもらわないとなりませんケド…^^;



皆さんも是非キッチンDIYにチャレンジしてみてください!



ではこれにて(๑>◡<๑)

ラクアでしたぁ。


ブログの方では、今回使用したギアやアイテムなどの商品リンクもありますのでご活用ください。

またその他のアイデアも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪(´ε` )

毎日の生活をちょっとだけ豊かにするギアとDIYの実例とアイデアの紹介ブログです。








LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 12049
  • 112
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LUQUA(ラクア)便利アイテム・ギア収集家♪広告・フライヤーなどのデザインの仕事も手がけています。「おしゃれな部屋でお酒が飲みたい!」と、賃貸物件のマイルーム…

LUQUAさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード