昭和な貸家P:床が張られて一旦終了になりました。

昭和な貸家をセルフリフォームでオサレにするプロジェクト。友人の御親戚が入られまして、キッチン、元和室の床を完成。現場で余っていたシンクも譲り受け取り付けてもらったそうです。

  • 980
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ
いろいろな現場で余っていた床材を貼ってもらったそうです。壁紙は友人とその親友さんで貼られたとか。やり方はボクが説明して、ところどころ手伝いました。壁紙を貼ったり、床を張り替えるだけでだいぶ見違えますね。
ビフォーはこれですからね・・・・
アトリエとして使うとのことで、ガスは要らないそうです。シンクだけ。床はPタイルです。
ビフォーはこちらです。
  • 980
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター。Brico-aide(ブリコエド)とは、フランス語で日曜大工の意味のブリコラージュと助けるの意味のエドから作った造語です。ブリコエドはDIY…

おすすめのアイデア

話題のキーワード