【木工DIY】収納力抜群!安価なOSBボードを使った何でも壁面収納

  • 10319
  • 124
  • 0
  • クリップ

何でもこい!!の壁面収納

木工を始めると、どうしても木材が増えてきますよね。
切った後の端材や、ふと作りたくなった時に対応するためのストックなど、我が家では木材が溢れており、木の香りが充満してました◎

そんな中、さすがに足の踏み場も無くなってはマズイと思い、壁面収納を作る事にしました。

1.材料

1×4のSPF、1×6のSPF、OSB合板、18×18の赤松桟木。
 どれもコスパ重視で選びました。
 OSB合板はどんな雰囲気になるか試したくて、今回採用。

2.道具

電動ドライバー、丸ノコ(ホームセンターのカット利用でも可)、ジグソー、スコヤ、水平器、パイプカッターなど。

3.作図

まず、ザックリとイメージを付けるための図面を作りました。

左側から、木材置場、シューズラック、ハンガーラック

4.制作

大物との長い戦いになるので、まずは3つのパート[木材置場][シューズラック][ハンガーラック]に分けて作る事にします。

4-1.木材置場

長い木材とか入れるためには、だいぶ強度が必要かな?と考えて、隣のシューズラックと連結させる作り方にしてます。

なので、まずはシューズラックの側面にあたる部分を1×4と桟木でフレームを作りました。

そしたら反対側の木材置場の側面を作ります。ここでは、2本の1×4の接合をダボ継にしてます。

斜めを出すのが思ったよりも難しかった…

両サイドができたら、あとは底板となるOSB合板に固定して、前後面を組み立てる。

4-2.シューズラック

同じ側面をあと2つ作り、天板も1枚のOSB合板で固定します。

結果としては何とかなったけど、本当はここも2つのユニットに分けて作った方が良かったかも。
それぞれの木材の歪みが悪さして、天板を固定する時にかなり矯正に苦労した。

後は、棚板を乗せるための桟木を前後左右の水平を確認しながら取り付けて棚板を乗せる。
数が多かったので、途中で心が折れかけた
(>人<;)

ちなみに、全部可動棚にしてしまうと強度ダウンとグラつきの発生になるため、1枚おきに棚板を固定してます。

4-3.ハンガーラック

さぁここまで来たら後一踏ん張り!

でもきっと疲れちゃったんでしょう私、制作途中の写真は撮っておらず、しかも天板・底板の作り方をフラッシュ式にしちゃいました
(^-^;
まぁ、ハンガーラックの方が棚板が無い分グラつきやすいから、フラッシュ式でしっかりと固定したという事で目を瞑りましょう。

並べてみるとこんな感じに。

おぉーっ!意外と良い感じだよね?

何でも入るからと調子に乗って収納してしまった結果↓

さすがに入れすぎだよね?
全くお洒落感無く、機能性重視になってしまったかも(>_<)

てな訳で、トータルコストは¥10,000位でした☆

最後まで読んで頂き有難うございました!

その他木工DIYアイデアを掲載しておりますので、良かったらご覧ください。

  • 10319
  • 124
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード