タイプの違う衣装ケースをコンパクトに!すっきり見せる。

普段使いしたいプラスチックのチェストと引き出し式の衣装ケース。形や大きさが違うけど、何とかしてこの二種類のケースを省スペースで置きたい!と言う事で置き方を工夫してすっきり見せる事が出来ました。

  • 3924
  • 20
  • 0
  • クリップ

普段タンス代わりに使ってるクローゼットチェスト4段×2つと引き出しタイプの衣装ケース×2つ。
今回はこの二種類を合体(?)させます!

まず引き出しタイプの衣装ケースを横向きに置き、右隣の空いたスペースは引っ越しの段ボールがぴったり入ったので置きました。
それを囲うように1×4SPF材をカットして組み立てます。
衣装ケースは左側から引き出す形になるので、脚の向きに注意します。

そのうえに4段チェストを二つ並べます。

完成です\(^^)/

今回は木材は木工用ボンドで組み立てただけです。
サイズが大きいので固定が難しく、完成直後から歪みが出たんですが...。
製作後1年ちょっと経過してますが何も問題起こってませんし、チェストのぐらつきもありません。
流石木工用ボンドは強力ですね。

歪んでる所です。
1年経過しても歪み具合変わってません。

木材と下の衣装ケースにしっかり隙間が見えるので、今のところ衣装ケースには負担かかってません。

反対側はこちら。
脚の向きの関係でこちらは無事です。

段ボールの上は少し隙間があったので、プラカゴを入れて引き出し式に。
子供達のパンツと靴下を投げ込み方式で収納してます。

所々チェストの中身が空ですが、衣替え時に撮影した為で、普段はぎっしり洋服が入ってます。

この記事を参考にして下さる方へ( *・ω・)ノ
木材の土台はミリ単位で衣装ケースギリギリに作ってますので、L字金具等で固定する場合は金具の厚みも計算してくださいね( ^ω^ )

  • 3924
  • 20
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ