小物使いでコーデの品格UP!大人女子のスカーフの使い方って?

スカーフを普段のスタイルに入れ込むだけで、より大人らしく上品なファッションになります。小物使いでいつものコーデをブラッシュアップしてみましょう! 今回は、大人女子が日常生活で真似しやすいスカーフの使い方をご紹介します。

  • 1914
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

大人女子の小物使いは「スカーフ」でマンネリを打破!

客室乗務員や百貨店の受付員などの制服に用いられることの多いスカーフ。首に巻いた姿は、上品で清潔感のある装いですよね。

そのように、かしこまったシーンにて活用されるイメージのあるスカーフですが、日常ファッションにだって取り入れることが可能です。

いつものスタイルに入れ込むだけで、より大人らしくより上品に。さらには、いつものマンネリコーデに華を添えてくれるんですよ♪

今回は、大人女子が日常生活で真似しやすい、スカーフ術をご紹介していきます。

大人女子の小物使い①スカーフをネックレスとして♡

まずはネックレスとしての使い方から。

定番の首まわりのスカーフ使いではありますが、よりおしゃれに見せるポイントはユル巻き! 首にしっかりと巻き付けるのではなく、チェーンネックレスを垂らすように、ゆるく首に掛けて先っぽをちょこんと結んであげましょう。

スカーフを小物として取り入れる際には、モノトーンでシンプルな洋服でまとめるのがおすすめです。 柄や色で喧嘩をする心配もなく、よりきれいで上品な印象に仕上がります。

大人女子の小物使い②スカーフをベルトとして♡

次は、スカーフをベルト代わりに使う活用法です。

細く折りたたみ、パンツなどのベルト穴に通しても良いのですが、最近では、よりスカーフ感を楽しめるよう、ただ腰巻きとして活用する方も増えています。

ウエスト周りがふんわりとした洋服の際には、ウエスト部分でキュッと絞ることで、スタイルアップも叶いますよ。

気になる腰まわりも、華やかなスカーフのおかげで、上手に目線が外れます。自然と体型カバーができるんです!

大人女子の小物使い③スカーフをバックチャームとして♡

夏はカゴバッグやクリアバッグなど、軽い素材のカジュアルなカバンを持つ機会が増えるもの。季節感があってすてきですが、大人らしさや上品さに欠けてしまいがちなのが、夏バッグの欠点……。

しかし、スカーフを添えるだけでそんなマイナスを打破。涼しげな季節感はそのままに、大人女子の気品をプラスさせることができます。

持ち手部分にスカーフを結ぶだけではなく、こちらの写真のように、バックル全体に巻き付けるのも良いですね。

その際はズレないように、ギュッとキツめに巻くのがオススメです。スカーフを広めに折りたたみ、隣とかぶせるように隙間まく巻きましょう。

汚れがちなカバンの持ち手をカバーする役割もしてくれますよ♡

大人女子の小物使い④スカーフをブレスレットとして♡

おしゃれな女性たちに広まっているスカーフブレスレット。こちらも引き続き活用していきたい使い方です。

メンズライクな時計と重ねると、適度な女性らしさをプラスしてくれますよ。

シワや日焼けにより年齢の出がちな腕や手の甲ですが、スカーフを巻いてあげるだけで華やかな印象に。肌を明るく見せてくれるうえに、目線を腕に持っていく効果もあります。

大人女子の小物使い⑤スカーフをヘアアクセとして♡

こちらは、スカーフをヘアアクセサリーとして活用する方法です。ヘアバンドのように使うことで、面倒なヘアセットをせずとも、こなれたヘアアレンジが完成。生え際を隠せるので、白髪隠しや根元のヘアカラー隠しにもGOOD。

写真のように、ゆるくまとめたゴムにスカーフを被せるのもおすすめの小物使い。面倒で楽チンな1本結びですが、スカーフを被せるだけで一気にすてきな後ろ姿が完成。

ポイントは、ゴムで結んだ後に指で髪をつまみ、頭頂部から後頭部にボリュームを持たせること。1つまみ引っ張ったら、1つまみ分空けて、また1つまみ引っ張る。これを繰り返していくと、きれいに波感のあるまとめ髪ができ上がりますよ♪

スカーフの小物使いで上品コーデを楽しもう

いかがでしたでしょうか? いつものコーデにプラスするだけで、品のよい大人レディなスタイルに。この夏は、スカーフの小物使いを活用してみてはいかがでしょうか?

  • 1914
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

やんちゃな男の子2人のママです(^^)  学生時代から読者モデルを中心に、ショーモデルやお天気キャスターなどで活動していました。お洋服のコラボレーション企画や、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード