ウォリストを使って扉付き玄関収納をDIY

玄関の空きスペースに天井ツッパリ式の棚を作り、そこに扉を付けました。

使用したのはウォリストです。

  • 14292
  • 119
  • 0
  • いいね
  • クリップ

玄関に大きな空きスペースがあるので、ここにスポーツ用品を収納できる扉付きのロッカーのようなものを作ろうと思い立ちました↓

普通に家具を作るのはハードルが高すぎるので、天井ツッパリ式の棚を作って扉をつけることに。

色々調べた結果、ツッパリ式で奥行きのある棚を作るにはウォリストという商品が便利そうだという結論にたどり着きました。

ウォリストは、並んだ2×4材の上下を「束ねる金具」で連結し、「棚受け用金具」で束ねた1×4材の棚を好きな位置に設置すればオーケーという手軽さ。

ちなみに下の写真の器具は2×4材2本連結用です。

実際は4本連結用の器具を使ったのですが、写真を撮り忘れてしまったのでf^_^;

ウォリストとともに材木も購入。

側面用に262cmにカットしてもらった2×4材を8本。(天井までの高さ−6cmの材木が必要になります)

底、棚1、天面用に45cmの1×4材を12枚。
背面に渡す補強材も45cmで2枚。

そして扉用に180cmの1×4材を5枚。

全てホームセンターでカットしてもらいました。

さて、ここからお仕事開始!

最初に材木の表面をサンダーでヤスリがけ↓

それから削り取った木屑を掃除機で吸い取って…

ここまでで2時間経過(⌒-⌒; )

材木の下地処理が終わったところで次の作業。

棚板、底面、天面、補強板、扉を白くペイントです。

室内用の水性ペイントを水で薄めて塗りました↓

次に、側面となる2×4材8本にワックスを塗り込みます。

ワックスをウェスに取ってゴシゴシゴシゴシ…

 ペイントには正味1時間半かかりました
ε-(´∀`; )。

塗料が乾いたところでいざ組み立て♪

まずは扉を作成です。

1×4材5枚を並べて裏に横木を渡し、ビス留めしていきます(ウォリストの束ねる金具は最大4枚までなのでここでは使えませんでした)

横木の3枚は、以前解体して保管していたスノコの木をリユース。

ビスを打ち終え、表にして把手をつけると…

わぁ、ドアっぽい!

続いて、側面となる2×4材をウォリストを使って4枚連結したのですが…

これも写真を撮り忘れました(◞‸◟)

なので、代わりにに別作品に使った2枚連結用ウォリストをご参考まで↓

ご覧の通り、金具の両端がコの字型になっていて、並べた材木の上下に被せてビス打ちするだけでオーケー!

ただし、材木が3枚までなら手持ちのクランプでも挟んで留められましたが、4枚になると写真のようには挟めませんでした。

なので…
クランプの代わりに旅行用トランクに付いているバンドやビニール紐でまとめていました。

ちなみに現物はこちら↓

完成後の姿ですが、材木4枚に金具を渡し、1番奥の木には天井ツッパリ用金具も取り付けてあります。

次は棚板の作成。

1×4材を4枚連結したものを3個作りました。

これも写真が無いのでご参考までに2枚連結の棚をアップしておきます↓

ここからの作業は、物が大きくて1人では無理だったので、帰宅したオットにも手伝ってもらいました。

側面に棚板を3つを取り付けていきます。

板の右端が外に飛び出しているのが分かります?

これは、扉を枠の内側に収めるために、扉の厚さ分をわざとずらしてあるのです。

背板は付けないので出っ張っても問題無し♪

棚板3枚を取り付けた後、棚の無い上部と中央部の背面側に補強板2枚を取り付け↓

躯体が出来上がったら扉をはめ込み、蝶番で留めます。

扉がうまく収まるかドキドキでした(・_・;

蝶番はずっと憧れだったこの形↓

最後にマグネット式のドアキャッチャーを取り付けたら完成!

組み立てにはドア1時間、2人の作業3時間。

全体を合計すると7時間半の作業、費用は23800円でした。

当初の予定とは配置が変わりましたがその成果がこちらです↓

内側にはゴルフ用品がしっかり収まり、外側に後付けしたフックにはテニスラケットも掛けられます(^^)

  • 14292
  • 119
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

猫4匹との暮らし

おすすめのアイデア

話題のキーワード