長押?ピクチャーレール?いろいろ飾れる板を取付よう!

長押みたいに、気軽に物を掛けられる場所があったらなー。そんな発想から考えて作ってみました(*^o^*)

  • 8888
  • 46
  • 0
  • クリップ

ダイニングの壁、一面だけリメイク中

リビングやダイニング、一気にリメイクしようとすると大変ですよね。
そんな時は一面ずつ、区切っていくとやりやすいです。
今回はこちらの斜め天井になっている面をリメイクします。

斜めの部分は国産壁紙を貼りました。
梁型が見えているところには2.5mmのベニヤを塗装して貼りつけています。

壁と天井の境目に!何でも掛けられる板

和室にある長押って便利だと思いませんか?
ハンガーなどをちょっと掛けたり。
でも、本物の長押は木材を斜めにカットしたり、溝加工したり、DIYで作るには面倒。
代わりにピクチャーレールはというと、お高い・・・

色々考えて、簡単なんちゃって長押を作ることにしました。

まずは長い板の後ろに、小さく切った板を貼りつけます。
材料は杉の野地板。
10本、1820mmで2000円程のお安い材料で、色々重宝します。

乾いたら裏返して、ネジを留める場所をドリルで5mmほど掘り込みます。
そこにネジを仮留めしておきます。

あとはあらかじめ確認しておいた壁の間仕切位置にネジ留めします。
先にネジを仮留めしておくと、高い位置でも簡単にビスが打てます。

5mm掘り込んでいたのはビスを隠すためです。
木ダボで埋めるのが一般的ですが、高い場所ではやりにくい。
そんな時は100均で手に入る軽量粘土。
これを埋め込むだけでパテ代わりになります。

こんな感じで、ネジが目立たなくなりました。

これで出来上がりです。
後ろにつけた板の分、壁との間にすき間ができます。
そこにフックを掛けられるようになりました。

お庭の植物をドライにしたい時、すぐ掛けられて便利!
場所の移動も簡単にできます。

壁には漆喰を塗ったので、画鋲をさしたりしくいですが、これならピクチャーレールのように上から吊るすことも可能です。
簡単で実用的ななんちゃって長押になりました。


ブログではより詳しくご紹介しています。
よかったら遊びに来てくださいね(*^o^*)

  • 8888
  • 46
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード