「主婦歓迎」の求人ってどう見つける?知っておきたい求人広告・読み解き方のコツ

主婦がパートを始めるなら、やはり「主婦歓迎」の求人を狙いたいもの。ただでさえ大変な家事と仕事の両立は「働きやすい場所」で始めるのがベストだからです。でも、そもそも主婦歓迎の求人ってどうやって見分けるの? 求人情報って小さいけど、どこを見たらいいの? と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、限られた情報で「主婦歓迎」の求人を見つけるコツを解説します!

  • 3704
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうして「主婦向け求人」を選ぶと良いのか?

求人情報の読み解き方をご紹介する前に考えたいのが、なぜ、「主婦は主婦向け求人を探すと良いのか」。それは、主婦をターゲットとしている求人は主婦にとって働きやすい労働条件であることが多く、ブランクからの復帰でも無理なく働ける可能性が高いからです。

一般的に、求人情報には必ず、想定しているターゲットや人物像があります。具体的には、主婦なのか、学生なのか、年齢はどれくらいで、どんな経験を持った人か。企業が求める仕事内容や役割から、求める人物像を絞ってターゲットを設定し、作られるのが求人広告だからです。

そのため、ターゲットに合致した人はその分採用されやすく、また、労働条件的にも働きやすい可能性が高いです。逆に、合致していない求人に応募した場合、採用されにくい上に勤務条件が合致しないことも多いのです。たとえば、学生アルバイトを想定している仕事に応募したところ、土日勤務必須で家族と全然予定が合わなくなってしまった……などのミスマッチも起こりがち。

もちろん仕事に求めることは個人によって異なりますが、「働きやすい環境で仕事がしたい」と主婦が思ったなら、主婦向け求人が王道、というわけです。

求人情報を見る時に知りたい、詳細チェックポイント

では、限られた情報のなかで「主婦が採用ターゲットに入っている」と知るには、一体どんなところを見ると良いのでしょうか。いくつかチェックポイントを上げてみましょう。

●チェックポイントその1:写真に写っているのはどんな人?

まずチェックしたいのは、写真。写っているのはどんな人でしょうか。イラストの場合なら、描かれているのはどんな人でしょうか。年齢や性別はどのくらいか、学生か主婦かというと、どちらに近そうかをチェックしてみましょう。

例外もありますが多くの場合、求人情報に使用する画像は、ターゲットと近いものが選ばれます。たとえば同じコールセンタースタッフでも、学生のアルバイトが多い場所と主婦が多い場所かは異なります。「写真に写っている人が自分に近いか?」といった視点はひとつの判断材料となるでしょう。なかにはイメージ画像を使っているところも多いため、これだけで判断はできません。

●チェックポイントその2:募集の内容、主婦向けのキーワードには、どんなものがある?

主婦向けの求人情報に、自然に出てくるキーワードというものがあります。たとえば、「ブランク歓迎」「パート」「子供」「扶養内」などの言葉がその一例。

学生向けの短時間勤務の場合「アルバイト」という言葉を使うことがほとんどで、「パート」「パート勤務」と表現することはほとんどありませんよね? また、育児で退職した主婦が対象の言葉として「ブランク」といった表現もあります。こうしたキーワードが求人情報に出てくる場合は、仕事内容や勤務形態が一見主婦向けに思えないようなものであったとしても、主婦をターゲットとして想定している場合がほとんどです。

●チェックポイントその3:モデルシフトは?

求人情報には、参考となるシフト時間が載っている場合が多いです。このときチェックしたいのが、そのシフト時間。モデルシフトとして表示されているのが「平日の日中」であれば、主婦をターゲットとしている可能性があります。特に10:00~16:00の間は、子どもが学校や幼稚園に行っている間に働きたい主婦に人気の時間。この時間帯にモデルシフトが設定されている場合は、主婦向けの求人が多いので、ぜひチェックしてみましょう。

●チェックポイントその4:どんな媒体に載っているか

求人の内容を見ると同時に、そもそも「どこに載っているか」も大事な視点。最近では、求人誌やアルバイト募集サイトに加え、ママ向けや主婦向けの求人サイトもありますので、そうした媒体に掲載している求人情報であれば、そもそも主婦が対象ということがわかりやすいはず。

「この求人は、どんな人を採用したいんだろう」と考えることが大事

ここでご紹介したのは、あくまで「働きやすい職場に出会うための」ひとつの視点。極論をいえば主婦がまったくターゲットではない求人情報でも、経験やスキルによっては歓迎ということも多いため、この限りではありません。

ただ、主婦がターゲットとされている求人の場合、「家族の予定で休むことがある」「子供の急な体調不良が起こり得る」といった主婦特有の事情を理解してくれる職場であることが多く、採用された後も何かと融通がききやすいのは事実です。

「なんとなく」探すよりも、「自分が採用ターゲットに近い」職場に応募すると、採用される確率も高まります。気になる求人情報を見つけたら、まずは「この求人は、どんな人を採用したいんだろう?」と考える癖をつけてみて。きっと、働きやすい職場に出会える確率が高まりますよ!

  • 3704
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード