自然素材な造作家具

家具を選ぶとき、いや、家具でなくてもかまいません、
何かものを買い求めようと選ぶとき、
みなさまは何を基準にお選びになりますか?
音響熟成木材を使って手作りする家具。

それは、
初夏のみずみずしい草むらを渡る風のような、
すべすべとなめらかな手ざわり。

冬の朝の布団の中のような、ちょうどよいぬくもり。

人の心を軽くする優しいユーモアのような、木肌のやわらかさ。

子どもの頃に読みふけった物語の中の山小屋のような、香り。

そう、それはとても感覚的なものです。

私たちがお届けしたい家具の価値は、
機能や意匠やデザインや値段だけにあるのではなく、
どこか懐かしくていつまでもみずみずしい、
その心地良さにあります。

色合い、香り、風合い、手ざわり、そのすべてが、
使い込むほどに愛着となって、
みなさまの日々に溶け合っていくことでしょう。

私たちがお届けする家具のひとつひとつが、
心と体の健やかさを育くみ、
みなさまのかけがえのない人生の一日一日を、
より愛おしいものにしてくれたらいいなと、
願っております。

  • 999
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 999
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

京都で、『幻の漆喰』『音響熟成木材』『清活畳』を使って生涯健康住宅『空気のうまい家』を作っています。お客様が自らお作り戴いた『木の家の会』の皆様と、ワイワイがや…

おすすめのアイデア

話題のキーワード