家の顔 玄関を華やかにそして明るくする方法

  • 6793
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家の顔である玄関、限られた空間を明るく使いやすくする工夫をご紹介したいと思います。

家作りを振り返って、我が家の玄関を例にご紹介したいと思います。
我が家の玄関は奥まった形状のL字の上がり框を用いた玄関です。
玄関は家の顔とも言えますが、なかなか広さも確保しにくいですよね。
そんな時に考えたのが奥まった形の玄関です。

1.玄関に奥行きを出す

奥行きを出すことによって、視覚的にも視線が奥へ奥へと行くので、広く感じますし、実際に玄関ホール部分にも余裕が出来て、脱いだ靴でタタキ部分がいっぱいになることもクリア出来て便利なのです。

2.明るさを確保する

そして玄関を明るくすることで、広がりを出します。
まず視覚的にタタキ部分のタイルの色味を明るい色のタイルを用いることです。
暗い色は収縮色なのであまり広さは感じられません。反対に明るめのタイルの色を選ぶ事により膨張の効果で、より明るく広さを感じられることになります。
そして、地窓を奥まった玄関壁に入れて明るさを確保しました。

3.装飾

玄関の地窓の上に平行にエコカラットを貼りました。ボーダー貼りにしてこちらも目線を奥へ奥へと送ります。

4.玄関収納

我が家は玄関奥に土間収納があり、そちらに家族用のシューズクロークを作りました。
なので圧迫感の少ないフロートタイプの靴収納を玄関に設置して、壁面を多く見せることにより、広さを感じられるようにしてみました。

限られた空間をいかに広く使いやすくするのか。明るく華のある玄関にするのかを考えてみました。
どうしても生活感が出やすい玄関ですが、この形の玄関にしてみたら思った以上に整った玄関でいられます。
L字框のある玄関、フォーカルポイントを作って華やかに明るい空間になりました。
お勧めします♪


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6793
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

2015年注文住宅で家を建てました。決して大きな家でもなく普通の我が家ですが、小さな拘りを持って作ったお家です。インテリア、ガーデニング、クッキングなどを綴って…

おすすめのアイデア

話題のキーワード