ソーホースブラケットで作る分解可能ローテーブル 家でも外でもクルマでも大活躍

ソーホースブラケットで作れる、家では勉強デスク、外ではキャンプ用ローテーブル、クルマの荷室におけば収納力をアップさせるラックに変身の、3wayローテーブルです
本体寸法 1200×400×400

作業時間
塗装無しなら40~60分
塗装有りなら4時間ほど

  • 5149
  • 81
  • 0
  • クリップ

分解出来るローテーブル 勉強机にもキャンプにもクルマの収納にもなっちゃう

流行のロースタイル。でも寸法を計ってみると座敷のテーブルとほぼ同じ高さなんですよね。不思議ですね(^_^)

今回はソーホースブラケットを利用して、家では勉強机、外ではロースタイルキャンプ、クルマでは収納アップと3wayで使えてしかも必要ない時は分解できちゃうローテーブルを作っていきますっ。

今回使用する主な材料

2×4材 1800mm 2本
天板 パイン集成材 1200×400×18 1枚
ソーホースブラケット 2組
ワトコオイル ダークウォルナット

ウェス・刷毛・面取り用ヤスリ・塗装仕上げ用の800番水ヤスリ・空き缶・ビニール手袋・木ねじ
等の雑材

2×4材から木材を切り出す

290mmを8本
400mmを2本

あとで子どもがケガをしない様にささくれをとったり角の面取り等をしてください
紙ヤスリでもやってもいいですけど、写真にある様なオービタルサンダー等があると劇的に作業が楽になります♪

ソーホースブラケットにはめてみる

イメージと違いが無いか、仮に一度組んでみましょう
塗装をしない場合、ソーホースブラケットに差して脚部分を木ねじで止めて、まさかの完成です(゚o゚;
ソーホースブラケットは外国製の為か、木材が少し入りにくい場合があるので、しっかりと入っているのを確認してから固定しましょう

塗装する場合は一度バラして塗装工程に入ります

ワトコオイルで塗装する

今回はワトコオイルのダークウォルナットで塗装しました

天板と脚部分と全て塗装すると3時間以上はかかるので、初めての方は脚だけで試した方がいいかもしれません

塗装が完了したらソーホースブラケットに脚部分だけ固定します

※脚以外の400mmの木や天板は固定しないでください※

完成写真と実用例

家では子供が勉強するのにぴったりの高さで、使わない時はもちろん分解してしまっておけます♪

外に持ち出せば、ロースタイルキャンプに対応♪

脚部分を畳んで直立させて天板を載せればトランクの収納力が格段にアップします
荷物を下ろしたら、もちろんローテーブルとして使います♪

注意してほしい事

今回は分解して持ち運べる事を前提にしているので天板等の固定をしていません
小さいお子様等がいる場合、寄りかかって倒れたり、物が倒れてケガをしたりって事も考えなくてはいけません

心配な方は、もしかしたら?を想定して安全最優先で固定する事をおすすめします

ありがとうございました♪

  • 5149
  • 81
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード