間接照明で癒し効果のあるインテリア作り

お仕事や子育てでお疲れ気味な方、夜は間接照明をつけてゆっくり過ごしませんか?

  • 51277
  • 125
  • いいね
  • クリップ

お部屋のインテリアといえば、大きな家具やラグなどが中心的存在になりますが、
照明もお部屋をつくる1つの要素として大切な役割を持っています。
夜のインテリアを演出する上で欠かせないものが間接照明。
リビングに設置されているような光で直接空間を照らすものとは違い、間接照明は光を使いそれを反射させたものを照明として使います。
これをインテリアに取り入れると、光による影の効果でいつものとお部屋と違った空間に生まれ変わるのです。
本日はこの間接照明を使った我が家の夜のリビングをご紹介!
日中とはまた違ったお部屋の空間を皆さんにも感じていただければと思います。


日中のリビング

まずは比較して頂くために日中のリビングをご紹介します。
吹き抜けがある我が家。
方角的には北西ですが普段から日当たりもよく、夏場は北側にあるキッチンの方まで太陽の日差しが届きます。
明るいリビングにはホワイトやナチュラルの家具がピッタリ。
1日を多く過ごす日中のリビングは私の大好きな居場所です。

夜のリビングを演出するために用意したフロアライト

私が選んだ間接照明はフロアライト。
床に直接置くタイプでスリムなのが特徴です。
デザインはモダンでシンプルな装いでシェードには波打つようなうねりがあります。
このうねりは角度を変えて見ることによって光の表情が変わって見える面白さがあり、間接照明を飽きさせないデザインになっています。
今回はリラックス感を求めて間接照明を設置してみようと思うので選ぶ光は電球色を。
この電球色のオレンジ色はやすらぎのカラーとして知られ、誰もが一息ホッとできる落ち着いた空間をつくり上げることができるのです。





間接照明だけで過ごす夜のリビング

夜のリビングで間接照明だけを照らせば光が柔らかくなります。
ここにいるだけで何だかホッとしませんか?
ソファーに座ってお茶を飲んだり、音楽を聴いたり、夜に自由な時間を過ごしたい時に間接照明を使えば
心も体もリラックスして過ごす事ができるのです。
また、この優しい光には快眠効果もあると言われていて、リラックスした環境をつくることにより、寝つきもスムーズになるそうです。
ですからリビング以外にも寝室で使うこともオススメですよ。


まとめ

近年は私たちにとってパソコンや携帯が欠かせない物となり、日々お疲れ気味な方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時は間接照明を使い、非日常的な空間を楽しみながらリラックス感を是非味わってみてください。


  • 51277
  • 125
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道在住。収納インテリアブログ「ちいさなおうち」では暮らしに役立つ情報をメインにプチプラ収納インテリアを公開しております。誰もが簡単に手に入る物との生活で、暮…

おすすめのアイデア

話題のキーワード