【キャンドゥ】これを待っていた!充電エリアに革命が起きる一品!

スマートフォンやタブレット、モバイルバッテリーやポケットwifi。
家の中の「充電エリア」がごちゃごちゃしていませんか?
その原因の一つが「充電ケーブルの種類」。
iPhoneとAndroid。
充電ケーブルが一緒だったらいいのにな〜?と思ったことがありませんか?
実は、そんな夢のような商品がキャンドゥに販売されていました!

  • 255446
  • 2089
  • クリップ

iPhoneとAndroid。ケーブルの違いは大きな問題。

お家で「充電する機械モノ」が多い時代。
我が家でもiPhoneを筆頭にiPad、ガラケー、モバイルバッテリー、など充電しなければいけない機械が何台もあります。
そこで問題となってくるのが「充電ケーブルの違い」です。

iPhoneはiPhone専用の充電ケーブル。
その他のAndroidスマホやガラケー、モバイルバッテリー、ポケットwifi、はAndroid用のケーブル。
本体に合わせてケーブルを最低でも2本用意しなくてはなりません。

この2種類のケーブル、一本で代用できたらいいなぁと今まで色々と探していたのですが先端にキャップがついていて本体に合わせてキャップを取り替える商品が主流でした。
(そして私が購入したものはすぐに接触が悪くなって壊れてしまいました 泣)

ところが、先日100円ショップのキャンドゥで画期的な商品を発見!
なんとこのケーブル、iPhoneにもAndroidにも共通して使うことができるんです。
ちなみに色は白と黒の2色がありました!

どうして共有して使えるの?

iPhone用ケーブルとAndroid用ケーブル。
なぜケーブルが共通ではないのでしょうか?。

iPhone用ケーブルは側面に接触端子がついています。

Android用ケーブルは穴が開いていてそこに接触端子があります。

そもそも充電の構造が違うので、ケーブルを共通で使うことができなかったのですね。
(専門的な知識がないので、それぞれに流れる電流の大きさなどについては割愛させていただきますね)

でも、このキャンドゥのケーブルはなんと、側面にも、穴の中にも接触端子があります!
なのでiPhoneでも、Androidでも問題なく充電可能なのです!

注意すべき点は?

一見便利な充電ケーブルなのですが実は注意すべき点もあります。
それはケーブルを挿す時の「向き」です。

まず、iPhoneを充電する時の注意点。
接触端子が片側にしかついていないためコードを挿す向きを間違えると充電されません。
ちなみに私が使っているiPhone6では接触端子が下側に来るように差し込むと充電されました。

次にAndroidケーブルの場合。
Androidケーブルの場合は差込口の形とケーブルの向きを合わせましょう。

この点を気をつけるとiPhoneでもAndroidでも問題なく利用することができます。

まとめ

Android用ケーブルは様々な用途で使われているので普段iPhoneを使っている方でも「ケーブル2本持ち」をしている方が多いと思います。
今回の2通り使えるケーブルで充電コーナーが少しでもシンプルになるといいですね。
ぜひ、キャンドゥをチェックしてみてくださいね!

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)でした。

  • 255446
  • 2089
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー