3つのポイントでもう着る服に迷わない!クローゼット収納術

衣類の管理や着る服に迷ってしまう方に、
わたしも実践しているクローゼット収納術
をご紹介します。

  • 33583
  • 393
  • 0
  • いいね
  • クリップ

衣替えの時期、
衣類の管理や着る服に迷うという
ご相談がありましたので、

わたしも実践している
クローゼット収納術をご紹介します。

衣類は
増えやすく手放しにくいアイテムです。
収納をつくる前に、
衣類整理から始めましょう!

衣類の整理方法は、
下記の記事を参考にまずは手持ち服の
所有量を把握して、
現状を見直してみてくださいね。

衣類の整理ができたら、
次に収納方法を考えてみます。

チェックする場所は3箇所。

1・引き出し収納

整理タンスや衣装ケースの
引き出しに衣類を収めている場合、
つい重ねて収納してしまいがちですが、

写真のように立てて収めるほうが
選びやすく取り出しやすい収納になります。

出し入れしやすい量は、
スペースの8割まで!

下写真の引き出しは、
10割収納。

こうなると、元通りにもどすのに
手間がかかるので、
面倒くさがりさんはタンスに片付けず
部屋に積み重ねてしまいがちです。

服を選ぶときにも
片付けるときにも、
ストレスがかからない収納を
めざしましょう♪

また、下着などの引き出しも、
立てて収めるようにすると
使いやすい収納になりますよ☆

2・押し入れクローゼット収納

押し入れやクローゼットに
重ねてしまいこんいる衣類、
ありませんか?

そのままでは衣替えにも
手間ヒマかかってしまいますよね。

ぜひ、そういったスペースの衣類も、
そのまま使えてすぐに取り出せる
収納にしておきましょう♪

こちらのポイントも3つ。

①奥のモノも引き出すことができる
収納ケースを使う。

②前列の収納が手間なく
可動するようにする。

③そのまま使えるポールなどを
設置し活用する。

3・ハンガー収納

ハンガー収納は、
日常使いにとても便利なので
おすすめです^^

備え付けのクローゼットがない
お宅でも、簡易ハンガーラックなどを
活用しても良いですね!

利点は、服を畳まなくて良いこと、
選びやすいことです。

さらに便利な活用例は、

★ハンガーを組み合わせて、
あらかじめコーディネートを
1セットにしておく方法

コーディネートを工夫しようとすると
かえって手持ち服が増えてしまったり、
毎回着る服に迷ったりと、
効率的ではありません。

あらかじめ組み合わせを決めておいて
そのまま収納しておけば、

忙しい朝に服を選ぶことに
時間を使うことも少なくなりますよ^^

文具のカードリングを使えば、
普通のハンガー同士を簡単に
組み合わせることもできます。

★着終わった服は、
必ず左側から(手前から)
掛けていくようにする方法

毎回左側から収めることで、

着ていない服・オフシーズンの服が、
右側に(奥に)移動するので、

管理がしやすくなりますよ。

少しの工夫で、
もう着る服に迷わない!
クローゼット収納術、
ご参考にしてみてください。

  • 33583
  • 393
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

整理収納アドバイザーさかたちあきです。片付けのきっかけ作りをお手伝いしています。オンラインでも整理収納に関する情報発信しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード