一度は食べるべき!必食の元祖カレーパン

好きな総菜パンのランキングに必ず上位にランクインするカレーパン。その元祖と言われているカレーパンをご紹介します。

  • 892
  • 9
  • いいね
  • クリップ

みなさんはカレーパンはお好きですか?

というより、カレーパンが嫌いな方ってあまりいらっしゃらないのでは?
と思うぐらい、日本では定番のお総菜パンです。

今では当たり前なカレーパンですが、その元祖と呼ばれている
カレーパンをご存知でしょうか?

今回はその「元祖カレーパン」をご紹介しましょう!

「カトレア」。

場所は都営大江戸線、または都営新宿線の森下駅からすぐのところにあります。出口を出てすぐのところにありますので、
迷うことはありません。

町のパン屋さん、といった店構えで、お客さんがひっきりなしに出入りして、その人気のほどが伺えます。

店内にはお総菜パンなどいわゆる普通のパンもたくさんあります。
でも、たいていの方のお目当てはこちら。

「元祖カレーパン」。
「カトレア」の前身、1877(明治10)年創業「名花堂」の2代目店主が実用新案登録した「洋食パン」がカレーパンのルーツです。当時洋食と言えば、カレーとカツレツが人気だったようで、そこからヒントを得て開発したそうです。

「元祖カレーパン」には辛口バージョンもありますが、やはり最初は「元祖カレーパン」から食べてみるといいでしょう。

こちらがその「元祖カレーパン」。
多い日で一日1000個売り上げるのだそうです。
一つずつこのような袋に入れてくれるのですが、揚げたてはとってもアツアツ状態♪お店にはイートインスペースはないですが、揚げたてが買えたら、ぜひすぐに召し上がってみてください。

ラグビーボール型のカレーパンは、食欲をいかにも刺激されそうな、こんがりとしたいい色がついています。パン粉の衣は比較的少ないタイプです。

食べてみると、カリッとした香ばしいパン生地の食感で、中にはフィリングがたっぷり!!
そのお姿はないですが、人参や玉ねぎなどのお野菜がたっぷりと使われているおかげで、とてもフルーティーな味わいです。辛さも適度なスパイス感を感じますが、お子様でも十分召し上がれる程度です。
また、サラダ油や綿実油などの植物性の油でカラッと揚げてあるので、食べた後も胃もたれせず、すっきりです。お子さまのおやつだけでなく、高齢の方にも安心して召し上がっていただけるカレーパンで、さすが「元祖」というだけあって、奥深さを感じた一品でした。

温め方の書かれたリーフレットもいただけますが、やっぱり揚げ物は揚げたてが一番!一日3回、7時、11時、15時がその焼き上がり時間になりますので、ぜひ揚げたて時間に合わせて訪れてみてくださいね。

  • 892
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

美味しいものが大好きです。アイス、パフェ、カレー、グラタン、ベーグル、ハード系のパンが好物です。その他にも気になるレストランへ行ったりして、日々徘徊しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード