木の家に合うローコストな家具 勉強机

うちじゅう同じ山の木を使って、大工さんにつくってもらう家具や造り付けをご紹介します。

  • 2978
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

木の家具・造り付けをご紹介いたします。前回は、洗面カウンターを見ていただきました。今回は、勉強机です。
勉強机と言えば、子供室に置いてあることが多いのですが、今日ご紹介する勉強机は子供室とは別に勉強コーナーを設けられて、そこに造り付けられた机のことです。
そして、ここは子供だけが使うのではなく、親子一緒に使う(子供と一緒に過ごす時間を大事にする)スペースでもあるのです。

1枚目の写真は、ご覧の通り机と椅子が置かれています。机は大工さんが造り付けたものですが、椅子はお客様が用意されたものです。
部屋のように見えるかもしれませんがそうではなく、ここは2階の廊下の一角です。この家の子供室は、写真を撮っている背中側にあります。
2枚目の写真、2階の中央が吹抜け(1階のリビングの上部)になっている家です。その吹抜けに面して、勉強コーナーを設けられました。(椅子はまだ置いてありません。)
ここで勉強している子供の姿が、1階から吹抜け越しに見えますよね。そういう目的で、ここを勉強コーナーにされたのです。この家の子供室は、写真の左側にあります。

3枚目の写真は、この家も2階の中央に吹抜けのある家です。ただし2枚目の写真の家と違って、吹抜け部分は壁と建具で仕切ってあります。写真でお分かりのように、障子戸を開けると吹抜け部分が見えるということです。
ここには、机と椅子そして本棚があります。この椅子は、大黒柱の切れ端を利用したものです。写真で、机の左端にある太い柱が大黒柱ですが、それと同じ太さですね。

ところで机に使っている板ですが、1枚目の写真の机の板は厚さ6cmの杉板を使っています。それに対して、2枚目と3枚目の写真の机の板は厚さ3cmの板を使って、大工さんが造り付けたものです。
家に使ってある柱・梁、そして板材と同じ山の木を使ってありますので、色が揃っているというのがお分かりいただけますでしょうか。
このように、木の家に合う家具が出来上がります。
板代に関しては、以前にご紹介した机・本棚の時に書きましたように、とても安いです。ですから、家具屋さんで勉強机を買うよりもかなり安くつくることができます。
タイトルの通りですが、木の家に合うローコストな本物の木の家具(勉強机)なのです。

  • 2978
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード