洗面室を生活感なくシンプルに見せる

洗面室には洗面台や洗濯機、着替えなど置いていて、
来客時に洗面台を見られると生活感が出てしまいます。

そこで洗面台を仕切るカーテンを付けて見た目を
シンプルにしてみました。
洗濯機や他の生活雑貨が隠れてとてもスッキリです。
来客に洗面台を使ってもらって安心です。

また脱衣スペースとの仕切りにもなるので
脱衣時に誤って扉を開けても大丈夫です。

通常カーテンを取り付けるときは突っ張り棒を使いますが
ここでは使いません。
突っ張り棒はすぐに外れるので使っていて
ストレスが溜まります。

私が利用したのはアルミパイプです。
突っ張り棒のように簡単に使えますが、
余程のことがない限りは外れません。

ここではこんなアルミパイプの使い方を紹介します。

  • 15781
  • 43
  • 0
  • クリップ

1. はじめに

洗面室には洗面台や洗濯機、着替えなど
生活感があるので友人などに見られたくないですね。
しかし来客時には洗面台を貸すこともあり
避けては通れません。

そこで洗面台をシンプルに見せるための
カーテンをDIYしました。

このカーテンの特徴は突っ張り棒は使わず、
外れない方法で取り付けている事です。


2.  材料

使う材料はアルミパイプです。
普段、あまり目にする事がありませんが、
会社や工場ではよく利用される材料です。

アルミパイプも突っ張りで固定しますが、
突っ張り棒と違って床と天井の間に
縦で突っ張ります。

しかもこの突っ張る力がとても強く、
力を入れ過ぎると天井に穴が空くほどです。
そのため固定してしまえばほとんど
外れません。


3.  作り方

まずは床と天井のあるに2本アルミパイプを
固定します。
この時、パイプが邪魔にならないように
壁際に寄せると気になりません。

次は2本のパイプの間に別のパイプを
横にして連結すればカーテンレールの完成。

このレールに100均のリングとクリップを
通して、カーテンを吊り下げれば完成です。

1時間ほどで簡単にできるDIYで、
使用する工具は六角レンチ1本とレンチ。
アルミパイプの組み立ては簡単なので
初めての方も安心して扱えます。

こちらで詳しい作り方や作っている様子が
見れます。

  http://www.frame-diy.com/2018/05/17/post-15864/


4.  さいごに

カーテンを閉めると洗面台と脱衣スペースが
完全に仕切られて見えません。
脱衣スペースから見ても洗面台側が見えなくなりました。
しかもカーテンを使わない時は端でまとめておけば
全く邪魔にもなりません。

このカーテンレールはとても強く、
例えば衣類を10着以上かけてもビクともしません。
この外れない事が嬉しいですね。

洗面台を生活感なくシンプルに見せるカーテンは
如何だったでしょうか?

このアルミパイプを使ったカーテンレールは
どこでも応用する事ができます。
カーテンを一面だけでなく、前後左右の四面に取り付けて
個室を作ることもできます。

このようにとても応用が利くDIYなので
興味があればチャレンジしてみて下さい。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。


  • 15781
  • 43
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード