まさに絶景!!世界でも有数の美しい棚田「ベトナム・サパの棚田」を見に行こう!!

中国との国境に近いベトナム北部の街・サパ。お馴染みのハノイやホーチミンのような都市部とは違い、世界中の観光客の注目を集める美しすぎる棚田が並ぶ光景は圧巻!いま、山岳地帯の少数民族たちが暮らすこの場所へ訪れる人が増えているのです。

  • 318
  • 0
  • 0
  • クリップ

傾斜地の狭い面積をうまく活用した稲作地、棚田。あくまで農業地ですが、その景観の美しさから写真好きの方から絶大な人気を誇ります。日本らしい風景と思いがちですが、もちろん世界にも棚田があり、ライステラスと呼ばれています。日本よりスケールの大きい棚田もたくさんあるんです。
今回ご紹介するのはベトナムのサパという街の棚田。一体どういうところなのでしょうか?

サパの街と美しい棚田とは?

ベトナム北部、中国との国境近くの標高1,600メートルの山深い場所に位置するサパ。空気も綺麗で自然がいっぱい。フランスの植民地であったというベトナムの歴史から、もともとは彼らフランス人の避暑地として開発された場所でした。
そんなサパの棚田が数年前に海外の旅行サイトの「世界で一番美しい棚田11選」に選ばれたことで、世界中から注目されるスポットとなったのです。日本人にはまだあまり馴染みがなく、どちらかといえば欧米のツーリストに人気の観光スポットですが、この独特な色やカタチ、そして規模の大きさは日本では見られないので、今後は日本人にも注目の観光スポットになりそうです。
棚田を見に行くベストシーズンとしては、10~11月の秋がオススメ。夏は気温は高くなくても雨が多く冬は霧が多いため、棚田が殆ど見えません。晴れる日が多い時期に行きましょう♪

サパの主な観光の方法について

サパの棚田の主な観光方法を2つご紹介します。

1. 観光案内所で貸し切り観光タクシーを手配してもらって巡る。
サパでは村に入るのに市役所の許可がいるので、勝手に訪れることができません。
旅行会社や観光案内所を経由してタクシーを手配しましょう。棚田内の少数民族の村の中も、タクシーで案内してくれますよ。

2.少数民族が案内するサパの棚田トレッキング
自分の足で歩いて棚田を巡ることも出来るので、体力に自信のある方は是非!約6時間のコースです。ただし、足元が泥だらけになるのでトレッキングシューズが必須です。 

首都ハノイからサパへのアクセス方法は?

サパへの行き方は、首都ハノイからサパに入るルートが主流です。ハノイからは旅行会社が運行するバスに乗るか、ラオカイまで寝台列車で行き、ラオカイからバスで行く方法があります。
道路が整備されていないところが多いので時間がかかりますが、ハノイからバスで行く場合は、5~6時間ほど。長時間バスに乗るのが苦にならない方は乗り換えもなく行けるので、景色を眺めながらバス旅を楽しめますね♪
ハノイからラオカイまでは寝台列車でも行くことができるので、夜のうちにハノイを出発しラオカイから1時間ほどバスに揺られて到着です。

息を呑むような美しい景色が広がるサパ。まさに一生に一度みたい絶景、ぜひ体験しに行ってくださいね♪

■サパ

この記事は2017年5月14日に公開されたものを編集したものです。

  • 318
  • 0
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード