重く&暗くならない!大人きれいな夏の黒Tコーデの作り方って?

夏カジュアルの代名詞、Tシャツ。着心地が良く、汗の吸収性もGOOD。汚れも落としやすいうえ、1枚のお値段も比較的リーズナブル。夏はTシャツを活用しない手はありません。

そんなTシャツの中でも、今回は黒Tシャツに着目。Tシャツを大人きれいに着るための極意。重くならずに暗くならない、夏に楽しめる黒Tコーデのポイントをご紹介します。

  • 5883
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【夏の黒Tコーデ】NOT生活感の秘訣は?

黒Tシャツを、よりファッショナブルに。生活感や部屋着感を感じさせずに楽しむのならば、その年に購入した新しいTシャツを活用するのがオススメです。

定番かつシンプルなTシャツは、数年経っても着られる便利なアイテム。数年前のものあるから購入する必要はなし……ではないんです!

シンプルだからこそ、使い古した質感が顕著に現れるもの。また、一見すると微細なディテールやシルエットが、逆に野暮ったさを演出してしまうのです。

【夏の黒Tコーデ】選び方のポイントは素材感!

楽ちんだからと、柔らかく薄めのテロテロTシャツばかりを選ぶのはNG。

30代から40代にかけては、身体のシルエットもどんどんと変わっていくもの。今までは気にしたこともなかった背中周りに、どっぷりとお肉が乗っかってくるうえ、胸から脇にかけてはもたつきが出てきます。

柔らかな素材は、そのボディラインを全て素直に拾ってしまううえ、よりまわりにわかりやすくアピールしてしまうようなもの。

選ぶ際には、素材にほどよい厚みのあるものを。さらに、ネックラインや袖部分のディテールがきちんと作られているものを選ぶようにしましょう。

少し光沢感のあるブラック生地を持ってくることで、より上品な着こなしにも使いやすくなります。

【夏の黒Tコーデ】大人アイテムの追加が鍵!

黒Tシャツ選びの次は、大人らしい着こなしについてもチェック! 上の写真の女性は、黒Tシャツにジーンズ。さらにはスニーカーを合わせた、とことんカジュアルなコーディネートをしていますよね。

しかし、子供っぽさは感じさせず、大人らしい垢抜けた印象を感じるのではないでしょうか?

ポイントとなるのは、大人アイテムの取り入れ方です。大人アイテムとは、サングラスやハット、アクセサリー、スカーフ、時計などの装飾アイテムを表します。

黒Tシャツを普段着感を出さずに着るためには、これらの投入が大切。2、3点プラスするだけで、全体にまとまり感が生まれるだけではなく、こなれたスタイルが完成するはずです。

【夏の黒Tコーデ】カバンは小さく&軽く

また、着こなしに重さを感じさせないためには、カバン選びも大切。夏の着こなしで黒Tシャツを持ってくる場合、カバンはなるべくコンパクトかつ涼しげな素材で選ぶのがオススメです。

身体の近い位置で持つことが多いカバン。ただでさえ重みのあるブラックをトップスに持ってきているのですから、その近くに面積の広いものや堅苦しい素材のカバンを合わせてしまうと、とにかく暑苦しく見えてしまうもの。

華奢なチェーンバッグや、夏らしさのあるカゴバッグ、クリアバッグを合わせてあげるといいですね♡

荷物が多い場合は、サブバッグなどを活用するようにしましょう。

【夏の黒Tコーデ】3つの首をきれいに見せて♡

黒Tシャツに黒ボトムスを合わせた、こちらの着こなし。重厚感のあるオールブラックコーデではありつつも、どこか涼しげで夏らしい爽やかさを感じませんか?

ポイントとなるのは3つの首。首、手首、足首の3箇所を肌見せするだけで、一気に涼しげな夏らしさを感じさせることができます。

キュッと引き締まった3箇所を見せることで、女性らしさを取り入れられるほか、スタイル良く見せる効果もあるんですよ♪

いかがでしたか? 着まわしやすく着心地の良い黒Tシャツ。着膨れしがちな上半身をスッキリと見せつつ、大人きれいに夏らしい着こなしになります。

今年の夏のワードローブに、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 5883
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

やんちゃな男の子2人のママです(^^)  学生時代から読者モデルを中心に、ショーモデルやお天気キャスターなどで活動していました。お洋服のコラボレーション企画や、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード