アウトドアリビングのすすめ☆その2☆木製組み立てポールをDIY🔧

持ち運びに便利な木製ポールを作ってみました!

  • 31569
  • 179
  • クリップ

こちらはおととしに作ったティピーテント。
6本の160cmの木製ポールは持ち運びしやすいよう、2つに切って塩ビパイプを片方にかぶせて接続できるようにしていますが、持ち上げると外れてしまったりするので
今回は別のやり方で組み立てポールを作ってみます!

園芸用の杭
長さ約90cm 直径約3.3cm 白木タイプ 一本95円でした!
軽いし雰囲気も可愛い💛
とりあえず10本買いました☺️

ブラウンの焼き杭もありましたよ🤗

その他用意したもの

鬼目ナットM8  2cm 
ハンガーボルトM8 4cm
六角ナット M8   2個

---使った道具---
電動ドリルドライバー
下穴あけ用のドリルビット 12mmと5mm
六角レンチ
レンチ🔧

接続にはハンガーボルトと鬼目ナットを使います!

まず1本目に鬼目ナットを取り付けるため
中心(だいたい真ん中)に下穴をあけます!

鬼目ナットの説明書きに11.2〜11.5mmの下穴って書いてたので
すが12mmで開けました。

2cmくらいの深さにあけて、ボンドを流し込みました。

六角レンチでねじ込みます。

ボンドあふれちゃったのでめん棒でかき出しました💦笑
少しでよかったみたいです。次の作業からは鬼目ナットの周りに少しだけ塗って取り付けました。

もう片方にはハンガーボルトを取り付けます!
なにもかいてなかったので5ミリの下穴を中心にあけました。

ハンガーボルトには頭がないので、六角ナットを2つ使って取り付けます!

それぞれ矢印の方向に回して2つの六角ナットが噛み合うようにします。

下穴にさします。

上側のナットだけ回します🔧
下のナットがストッパーになってハンガーボルトをねじ込むことができます。

継ぎ目のところまでねじ込みます。

ナットを外すときは下のナットをさっきとは逆に回すと2つのナットが離れるので、別々に外すことができます。

一回離してから2つとも外す方向に回します🔩🔧

一組完成!

こんな感じで、二本一組完成です!
くるくる回してつなげてみます。

ちょっと、ななめ?
でも無事に接続できてうれしー♪

5本できました🙆一番左曲がってるな🙄(汗)

実例

麻紐でぐるぐる巻にして。

大きい布をかけたらラフなティピーテントに😎

さらに2本追加で…☆

4本買ってきて2本足しました。

↑3本ずつ両端にたてて1本横にわたせば、こんな形に✨

もっとガッツリ布を張りたかったけど強風だったので引っ掛けてむすんだだけですが…
bohoなかんじに💕

こんな感じで、アウトドアのデコレーションに組み立て木製ポールいかがでしょうか🤗

100均ベルトでもOK!おしゃピクに、毎日のお供に♪レザーボトルホルダーをハンドメイド🔨

近年ではSNSの普及で、おしゃピクやおしゃキャンなどの言葉もうまれて アウトドアにもおしゃれを求められるようになってきましたよね☺ 今回は普段のおでかけで水筒を持ち歩く方にもぴったりな 見た目や使い勝手もよくて かけていてもインテリアの邪魔にもならない、レザーのホルダーをハンドメイドしてみました★

___.aco

  • 31569
  • 179
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード