一生に一度の持ち物となる、家づくり

整理収納アドバイサーの須藤昌子です。
たいていの人は、家を持つのは、「一回」ではないでしょうか。
我が家も、限られた資金を有効に使って、私たち家族だけの家づくりをしました。お金がないから、仕方ないとあきらめずに、建てた家をご紹介します。

  • 49106
  • 54
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自分に合う建築家を探し、生活スタイルと伝える

我が家は、知り合いの建築家さんに立てていただきました。
その際、建築家さんの重視したのは、「私たち家族の生活スタイル」。休日の過ごし方や平日の生活について。
いろいろな質問にお答えしました。
土地は、建築家さんを決めてから、探し始めました。どんな土地ならば、私たち家族が住むのに適したおうちを建てられるかは、専門家である建築士さんならわかっているはずなので、土地を見つけるたびに相談していました。

要望を伝える

土地が見つかり、マンション暮らしで、困っていた収納は確保したい旨、建築家さんに伝えました。
その際に、具体的に、季節の布団収納ができるようにしたいなど、伝えたため、このように、ウォークインクローゼット上部には、お布団を収納できる場所が確保されました。

楽しみにしていた、我が家が出来上がりました。

狭い土地ながら、広く使える工夫もされ、また、近隣のおうちの状況を加味して、どの部屋も明るくなるようにと工夫して建てた家なので、電気は夕方になってもなかなかつけずに済みます。

リビング&ダイニング

キッチンには、カウンターがあるので、ダイニングテーブルを使わない選択肢もありますが、お客様が多い我が家は、少し手狭になりますが、ダイニングテーブルを置いています。
でも、たくさん人が来ても、くつろいでいただけると思います。

キッチン

狭いながら、使いやすいキッチンになりました。
狭いからこそ、食器の出し入れが楽ですし、片付けも、あちこちへ移動せずに済みます。

建築士さんに依頼したことで、あらゆるキッチンメーカーのキッチンから予算に合わせて選択でき、また、造作でキッチンを依頼することもできるので、希望に合ったものを設置することができます。

洗面所&バスルーム

キッチン脇に洗面所とバスルームが並んでいるので、お掃除も楽にでき、朝の家事が便利ではかどります。

どんなイメージのバスルームがいいかと、希望を聞かれ、ホテルのような感じとお答えした結果です。
バスルームもいろいろな形がありますので、予算とイメージに合ったものを選択できるので、納得するものを手に入れることができます。

寝室

道路に面した寝室ですが、反面、窓を作らないことで、人目を気にせず過ごすことができます。
でも、明るく保たれるように工夫され、このように、とても明るいのです。

子供部屋

子供が楽しく勉強でき、「基地」のように楽しめるようになっています。
広い子供部屋ですが、造作家具で仕切ることもできて便利に使うことができます。
その時が来たら、「壁で仕切る」「壁をとる」という作りのおうちもありますが、実際、その時に資金があるかもなかなか不透明ですし、工事の最中、いつもの生活が妨げられてしまったり、子供が巣立った後、小さく仕切られたお部屋がたくさんあっても、お掃除も大変になるので、自由度のあるお部屋にしています。

グリーンもたくさん置いて、気持ちいいお部屋にしています。

「基地」というイメージで作られたロフトは、子供が楽しめるスペースになっています。

一級建築士事務所に家づくりを依頼したことで、予算を考えながら、自由な選択肢の中で、自分たち仕様のおうちづくりができるのは、本当にありがたいと感じました。
一生に一度の大きな買い物ですので、納得のいくおうちづくりができることは、大切だと思います。

日々の片付けについてやお掃除についてブログに綴っています。ぜひ、のぞいてみてください。

  • 49106
  • 54
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

整理収納コンサルタントその場限りでない、ずっと続く整う収納とおうちを提案誰にでも片付けはできるということを、自分の経験から伝えるべく、毎日ブログで発信しています…

おすすめのアイデア

話題のキーワード