【DIY】和室作業スペースにPCデスク棚をDIY

PCや何らかの作業をする場合、和室に設置した机を使っているのですが、その机も古い板を鉄の脚に付けただけのシンプルなものです。
本を読みながら作業をする事が結構あるので、どうしても本棚が欲しくなりました。
そもそも机には何かしらの棚が無いと、使いづらかったりしますよね。
そこで、今回はデスク上に丈夫な本棚を作って行こうと思います。

  • 4104
  • 36
  • 0
  • クリップ

現状

ここがいつも使っている和室のワークスペースです。
右後ろの方には出窓があり日当たりがかなりいい場所なので、この場所は凄く落ち着きます。

先日は、PCディスプレイの下に、台を作りました。
今回は、このPCディスプレイを囲むような形で丈夫な本棚を作っていきます。

設計図

設計図と言ってもこんな感じかなぁと思ったのを全体図として書いてみて、そこから置きたい本や、照明や、PCディスプレイの高さを考慮しながらサイズを付け足して書いていきます。

今回使う板は、いつも使っている1x4のSPF材にします。
杉板もいいかなと思ったのですが、丈夫に作るにはSPF材の方がいいかなと思いました。(後1x4は凄く安いです!)

1x4のSPF材はサイズが決まっているので、どういう配分で切るかも図に起こしておきます。
サイズが分からない場合はホームセンターに行ってその場で計算しちゃっても大丈夫です。

木材購入&カット

設計図で書き起こした1x4のSPF材のをホームセンターで購入し、カットしてもらいました。

ヤスリがけ

最初に塗装してから組み立てようと思うので、下処理としてサンダーを綺麗にかけます。

ヤスリの番手はいつも240番でやってるんですがもう少し粗め(数字が少ない方が粗く削れる)でもいいかなーと最近思ってます。次は120番辺りでやろうかなと思ってます。

塗装

塗装に入ります。
ワトコオイルのダークウォルナットが余っていたので、これを使おうと思います。

僕は、この色が一番好きですね。
冒険したい気もするけど…結局これを買ってしまうw

ワトコオイルは塗膜を張らずに木材に染み込むので、
木目など木材そのものの味を活かせる特徴があります。

1回目の塗装。
さっさと塗っていきます。
僕はこだわりやなので、こういう作業は妻の方が早いです。

結局草むしりしていた妻を駆り出し、やってもらうw
僕が草をむしります。

2度目の塗装の後、耐水ペーパーで塗料を染み込ませると、
仕上がりが全然違います。

うん。
いい感じ。

お昼ご飯を食べた後、組み立てにかかります。
本当はもっと乾かしたいけど、明日は仕事なので強行突破だ!

2枚を1枚の板にするために、間にダボを入れる作業をします。
入れるダボの半分の長さの穴を開けます。
ドリルに付いているのは、その為の目印です。

こいつをここに刺して、上から繋げたい板をプスリ!

しっかり位置を決めて、ズレないように注意します。

印のついた所にドリルで穴を開け、2枚の板の間にダボがすっぽり入るようにします。

ダボがズレずにちゃんとすっぽり入ったらダボを固定する為、ボンドを投入します。

くっつける面にもボンドをヌリヌリ。

ボンドで固定したらはたがねやクランプ等を使いしばらく固定します。

ある程度固定し終わったら、あとは組み立てるだけ!

上の板をつけて…

枠が出来つつあります。
意外と最初のこの作業がズレそうになって大変です…
平らな場所が欲しい…

ビスをとめる位置を墨付け。

中板もつけていきます。

板の位置を墨付け。

ダボでビスの頭を隠す予定なので、
まずはダボの大きさに1センチくらい穴をあけ、
その後、ビス用の細い穴をビス穴の真ん中に開けます。

そこへ、ビスをうつ!!

これで、固定されました。
大分かたちになってきました。

ダボ用に開けた穴にダボを接着剤をつけて入れていきます。

ある程度乾いたあと、
飛び出た部分をダボ用のこぎりで切断します。

慎重にやらないと失敗します。。
左の方は失敗の跡です。

中板に本など重いものを載せる予定なので、
補強にL字金具をつけておきます。

金具は硬いステンレスのものを選びました。
やっぱり色々と重くなりそうなので。

そして最後の仕上げに机の部分にも補強してしまいます。
ここもL字金具でとめます。

やっと完成しました!
かなりぴったりハマりました。
本自体はまだ少ないので、とりあえず余っていた植物とか工具箱とかを置いておきました。

うーん、上の方にもう少し植物やらを増やしたいなぁ。

これで本が増えても安心です。
より作業がしやすい気持ちの良いワークスペースになりました!

お次は、右の壁に有孔ボードでも付けようかな〜。

  • 4104
  • 36
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ