アクセントウォールの作り方。おしゃれと落ち着きのある部屋作りの方法。

壁や天井は面積が広いので色を変えただけで部屋の雰囲気が見違えます。
アクセントウォールを取り入れると明るくもできるし落ち着いた空間を作ることもできそうですよ(#^^#)

  • 9564
  • 33
  • 0
  • クリップ

最近行った和食のお店の天井を見上げると黒い天井でした。


周りの壁は白いけど、天井だけが黒いんです。


そういえば近年、壁の色が一面だけ違う家が増えてきているように思えます。


調べてみるとアクセントウォールというものらしいです。


すごくおしゃれに見えたので、マネをしましょう(#^^#)


壁紙を張り替える方法と色を塗る方法があるみたいですが、簡単そうな色塗りにしました。


結果は簡単ではなかったんですけどね(^^;)


とりあえずペンキを塗る基本としてマスキングをしていきます。

まずはマスカーという側壁をカバーするナイロンを貼っていきます。


慣れていなくて上手く貼れないので、その上からマスキングテープで補強しました。


どちらもホームセンターに売っています。


慎重に塗ってもペンキが飛び散るのでマスキングは大事ですよ。


床にはブルーシートやダンボールを敷いておきましょう。


照明も外しました。

壁と天井の両方を塗ったのですが、難しい天井の塗り方を見ていきましょう。


塗料は壁紙にも塗れるペンキというものを使いました。


塗る面積が広いので刷毛だけでなくペイントローラーを使います。


ペイントローラーと入れ物はセットのものを買いました(^^)/

まずは刷毛で端っこのほうを塗っていきました。


一度塗りではほとんどの場合ムラになるので2度塗り以上はしましょう。


一度塗り目は好きなところから塗っても大丈夫です。

天井の隅を塗り終えたらペイントローラーの出番です。


初ペイントローラーですが、注意点がいくつかあります(>_<)


刷毛も同じですが、ペンキの付け過ぎは垂れてくるので気を付けましょう。

ローラーを早く転がすとペンキが跳ねるので注意です。


ゆっくりやったつもりでも飛び散るので、顔にはクリームを塗ったりメガネをかけたほうがいいと思います(^^;)


踏み台に登って塗るのですが、けっこー力がいります。


6畳の和室でしたが、後半腕が上がらなくなりました(>_<)

一度目はムラになっても大丈夫です。


きれいに塗ったつもりでも乾いたらムラになっているでしょう。


天井は窓もないし物も置いていないので思ったよりも広くて大変ですよ(^^;)

二度塗り用に半分はペンキを残しておきましょう。


乾いたらムラがよくわかりますね。

二度塗り目は一度目よりは楽です。


二度塗りが終わるまでマスカーが外せないのでしばらくはその部屋は使えません(^^;)


朝に一度塗って夕方に二度目を塗ると一日で塗り終わりますよ。

塗り終えたらマスキングを外しましょう。


はがした後に塗り残しが見つかります。


細い筆や綿棒を使って塗っていきましょう。

全て塗り終えて、乾燥させれば完成です。


せっかくなので照明も新しくしました。


和紙のペンダントライトにしましたよ(#^^#)

天井の色を選ぶとき、和室なので攻めた赤にするか守りの黒にするか迷いました。


結局決めれず中間の茶色を選択しましたが・・・(^^;)


落ち着いた感じになって、けっこーいい色でした(#^^#)

  • 9564
  • 33
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード