床や壁をカスタマイズできる賃貸で、「私だけ」の印象的な空間をつくる

二人暮らしのインテリア実例

  • 3242
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

壁や床をカスタマイズできる賃貸物件

ハナコさんのご夫婦が暮らすのは、グッドルームで見つけた、壁や床をカスタマイズできる40平米の1LDK。キッチンの交換や電気工事など大掛かりな工事は完了済みですが、あえて壁紙や床は貼らないままでご入居いただき、自分好みに完成させることができるという、ちょっと変わった物件でした。まだ「未完成」な分、家賃は少しおさえめなのが魅力。知り合いに、内装業を営む方がいらっしゃったのもあって、このお部屋に決めたそう。

こちらが、自分たちで壁紙を貼り、床材を貼って仕上げたお部屋!

サーフィンがご趣味なこともあって、海をイメージしたブルーをテーマカラーに。

キッチンの壁も自分で。

こちらは、バスルームの前の壁。ブルーとオレンジのコントラストが効いた、印象的なお部屋に仕上がりました!

賃貸のお部屋といったら、ほとんどが白い壁紙に木目調の床という「無難」が選ばれることがほとんどで、それが当たり前に思っていましたが、本当は、こんなにも素敵な色合わせを楽しむことだってできるんですね。 最近は、賃貸でもはがすことのできる壁紙なども登場していますから、ちょっとやってみたくなってしまいました。

随所に光るDIYならではの工夫

素敵だなぁ〜と思ったのは、この壁紙。大きな柄モノだけど、大人っぽくていいですよねぇ。

壁紙は、サンゲツのショールームまで足を運び、実物を見て選びました。その甲斐あって、一番のお気に入りポイントになったそう。ほかにも、DIYならではの工夫がお部屋にはいろいろ隠されていました。

窓の上には、プロジェクタを置くための棚も設置。かゆいところに棚がある!

窓の反対側にある棚も、じつはDIY!なるほど、よく見ると、それぞれしまわれたものにぴったり合ったサイズになっています。

カーテンレールも、デザイン性のあるものをチョイス。グリーンをこうやって吊るすこともできます。

当たり前なんですが、自分で作ればすべてがぴったりサイズ。「自分がおきたいもの」に合わせて、部屋の方を変えたっていいんだ、てちょっと目からウロコです。

絶妙な色の組み合わせを楽しむ

お部屋を整えようと思うと、白やグレー、それに木のインテリアで揃えるのが一番「無難」で「安全」ですが、ハナコさんのお部屋には、壁に合わせたブルーの小物だけにとどまらず、ビビッドなカラーの雑貨もたくさん。そのどれもが、絶妙な色の組み合わせでマッチしていて、ひとつひとつ吟味して選ばれたことがわかります。

こちらも自作という、デスク周り。

ブルーに差し色的に使われているイエローがおしゃれ。まとまりすぎず、お部屋を印象的2みせてくれるテクニックです。

床も、壁も、自分たちで選び、自分たちで作り上げたハナコさんのお部屋。 「賃貸だから」「センスがないから」と諦めていないで、まずはいろいろ挑戦してみるって大事なことだな、と、感じました。

こちらもおすすめ

  • 3242
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード