かさばるダンボールを隙間にスッキリ保管!紐通しも簡単なストッカー

大人気『tower』シリーズの、ダンボールストッカーを買いました。

これまでかさばって場所をとっていたダンボールを、スッキリ収納することができ、
さらに収集日にまとめるのも、とっても簡単便利になりました!

もっと早く買えば良かった!と思わせてくれた、お気に入りのアイテムを、
詳しくレビューします。

  • 131133
  • 1415
  • 2
  • いいね
  • クリップ


今回は、とっても便利な収納グッズをご紹介したいと思います。


『tower(タワー) ダンボールストッカー』

60年を超える歴史のあるインテリア雑貨の専門メーカー、山崎実業。

その山崎実業の代表的なシリーズである『tower』は、
そのシンプルでスタイリッシュなデザインと、バツグンの機能性で大人気のシリーズです。

わたしは楽天市場のショップで購入しましたが、いろいろなネットストアで取り扱いがあります。



本体のサイズ:約 幅 300mm×奥行き 230mm×高さ 435mm( キャスター含む )
収納内寸:約 幅 300mm×奥行き 135mm×高さ 340mm


ネットストアでのお買い物が多いウチは、ダンボールゴミも多くなります。

ウチでは荷物が届いたら、すぐにダンボールを解体して畳むようにしていますが、
畳んだダンボールは立て掛けておくと、倒れてきたり広がったりと、
すこし面倒な存在でした。

そんなダンボールをゴミの日まで、スッキリと保管したいと思い購入しました。


届いてすぐに実際に使ってみましたが、とっても便利です!
思っていたよりも、たくさんのダンボールをスマートに収納できました。

この写真の状態でも余裕があり、まだダンボールは収納できます。

コンパクトなのに大容量なので、ネットショッピングのセールで、
集中的にダンボールゴミが出ても大丈夫そうです(笑)


また大きさの違うダンボールを、収集に出す時にまとめるのはなかなか大変!

でもこのストッカーは、ダンボールを収納したままでも、
下から紐を通しやすいように、底部にスペースがある設計となっています。

ダンボールを持ち上げなくても、簡単に紐を通すことができました。


ウチではダンボールをまとめるのに、ハンディラップを使っているのですが、
ストッカーにダンボールを収納したまま、上部をまとめることができるので、
これまでよりも簡単に、ダンボールをまとめることができました。

4つあるキャスターのうち、2つにはストッパー付きなので、
まとめる時などには、固定して使えるのも便利でした。


そしてダンボールを収納する場所は、狭い階段下収納の中です。
メタルラックと壁の、人が通れるギリギリの幅しかない通路に、
ダンボールストッカーを置きました。

このままだと奥に行く時には、ストッカーがすこしジャマになりますが、
そんな時はキャスターのおかげで、ダンボールを収納したままで、
手前の広いスペースに、楽に移動することができるので大丈夫です。


これまでもこの場所に、適当な大きさのダンボールにまとめて、
ダンボールを置いていましたが、見た目も使い勝手も悪かったです。

見えない場所だと思うと、結局後回しになってしまい、
なかなかダンボールストッカーの購入を、決断できずにいましたが、
こんなにスッキリ便利になるなら、もっと早く買えば良かったと思っています。


このダンボールストッカーのおかげで、
これまでかさばって場所をとっていたダンボールを、スッキリ収納することができ、
さらに収集日にまとめるのも、とっても簡単便利になりました!


  • 131133
  • 1415
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

住まい・インテリア・収納など、暮らしを綴ったブログ『usagi works』筆者。おうちが大好きです。私・夫・娘・息子の、4人家族です。2010年、新居完成。一…

おすすめのアイデア

話題のキーワード