タッカーを使って端材でカフェ風なウェルカムボードをDIY!

家にあった端材を使って、JUNKな感じのカフェ風のウェルカムボードをDIYしました。電動工具を使わずに、工具は鋸やタッカーのみで簡単に作ることができます。

  • 9379
  • 43
  • 0
  • クリップ

有り余る端材で、ウェルカムボードを作ってみよう

DIYを始めて、数年。。。
木材を使ったDIYをする機会が多く、毎週何かを作っているので、
端材もどんどん溜まってきました。
一度塗装して作った物を解体して作り直したりするので、塗装済みのカラフルな端材も多いです。
こういった端材を使ってウェルカムボードを作ったら楽しいだろうと思い作ってみることにしました。

短時間で手軽に作りたかったので、インパクトドライバーなどの電動工具は使わず、板を切るための鋸、板を繋ぐためのタッカーのみで作ることができます。

用意するもの

【材料】
★端材適量
★合皮の切れ端(100均)

【道具】
★タッカー
★鋸
★筆記具

作り方

沢山ある端材の中から、好きな色の端材や隙間にぴったり合う端材を探して、パズルのように配置していきます。

端材を寄せ集めて1枚の板にしたものを2枚作ります。
サイズは、A4のコピー用紙をもとに決めました。

紙に合わせながら、鉛筆で下書きをして不要な部分を鋸でカットします。

端材は、写真のようにタッカーで何ヵ所か繋ぎます。

表だけでなく、裏からも同様にすることで、丈夫な1枚の板になります。

板が完全に真っ直ぐになってなくても、だいたい大きさが揃っていれば、なんとかなります。

1枚はカラフルに、もう1枚は、木の色を活かしてシンプルにしました。
シンプルな方は、少し木材と木材の間に隙間があったので、裏側から別の薄い板を当ててタッカーで留めました。

まずは、くっつける前に2枚の板を試しに置いてみます。
こんな風に立てて使用する予定です。

2枚の板は、蝶番でつなぐこともできましたが、家に適当なストックがなかったために、合皮で繋ぐことにしました。
合皮の長さの短い方は2枚の板の厚みの長さに合わせてカットします。

タッカーで写真のように留めます。

思い切って、たくさん留めました。
そうすることでがっちりくっつきます。

こんな感じです。

ウエルカムボードなので、文字入れをします。

ステンシルしたり、直接書いたり・・・。
切り文字を貼ったり・・・。。。
いろんな方法があるかと思います。

私は手描きにしてみました。

裏側は、ステンシルにしましたが、少し薄くて・・・。

シンプルな板の方メインにしようと思ったので、こちらの面に自分の苗字も書いて、
表札的な役割も兼ねてみました。

できあがり

JUNKな雰囲気のウェルカムボードのできあがりです。

玄関に置いてみました。

端材をパッチワークしたような看板で、なんだかほっこりするウェルカムボードになりました。

グリーンを近くに置いても可愛いです。

少し引きで・・・。。。

存在感があって、それでいてシンプルで好きな感じです。


タッカーの針が錆びて来たら、それはそれでJUNKな雰囲気でいいのではないかと思います。



娘に
「コーヒー屋さんみたいね!」
と言ってもらいました。



いかがでしたか?
端材が沢山ある方は、お金も時間もさほどかからないので、試してみてもいいのではないでしょうか?



ブログ「うららか☆ものづくりCafe」では、いろんなDIY(作り方の過程など)を画像付きで詳しく書いています。よかったら、お気軽に遊びに来てください(__)

インスタグラム、ルームクリップもやっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

いつもいいねやフォローコメントありがとうございます(__)
大変励みになっております。

  • 9379
  • 43
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード