TVボード設計、製作の肝となる部分を詳しく公開します

TVボードのきれいな写真はWEBで多く見かけると思いますが、
設計する側、作る側からはむしろ製作途中の写真や内部の写真を見たいのではと思い
そんな写真を集めてみました。



TVボード設計の肝となる部分とは?

TVボードを設計するには

必ず電源、アンテナをどうするかという
ことを考えなくてはいけません。


「えっ?そんなの当然でしょう」


と思われると思いますが、

写真のように狭い空間にコンセント、アンテナを設置するとなると
不可能ではないとしても大変です。



意外と簡単な解決法

このように狭いところにコンセントを設置するには
通常のキャビネットの製作方法ではなく

背の部分のベニヤを取り外し式として
先にコンセントの移設をすることで
きれいに納めることができます。



工事の進み具合により多少は変わります

工事の進み具合で多少変わりますが

TVボードにおいては
電気屋さんとのからみが多いので
工事のしやすさを考えておく必要があります。


一番間違いがないのは
同時に工事をすることです。




TVボードの設置が終わった段階で
電気屋さんに工事を進めてもらいます。



フロート式のTVボードには
下に間接照明を入れることも多い。



クロスを貼るのを待っている状態。



必要な細工

TVボードの内部は
機器類が入るので、通気のための開口が必ず必要になります。

同時にキャビネットの仕切りにも配線するためのスリットか開口が
必要になります。



ほかにも参考になる写真

本当に狭いところでは
コンセントカバーも横向きに付けています。



機器類が数多く収納されるTVボードは
棚の強度もなくてはいけません。



背板を取り外し式にすると
工事がし易い。



「写真では伝わらない」家具の動作を確認

LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

見た目もスッキリ:フロート式【浮いている】TVボード

見たときに 誰しもが「あれっ?」と感ずるTVボードの施工例を紹介します。 このフロート式のTVボードは今から12年ほど前に開発し、 今では多くの方にお問い合わせやご注文を頂いているものです。 ですが、 ごらんのとおり、不安定な状態であるがゆえに、 TVボード本体の構造、そして下地の構造、支えるための金物などを 各業者さんとの打ち合わせを重ねる必要がありました。 今回は その肝となる部分も解説していこうと思っています。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

DIYの参考に:TVボードの設計から取付まで。職人の作業に注目

めったにお目にかかれない 入居済みのリビングにTVボードを設置した貴重な写真と資料を公開します。 設計図のCADデータもLIMIA読者限定公開としましたのでぜひお受け取りください。 ・CADフォーマット=dxf,dwg,jww,pdf ・pdfもありますのでどなたにもごらんいただけます 難度は高いですがプロの技術を見てDIYなどの参考にしてください。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー