シンプルでレトロなキューブライトをDIY(電球はハイテクです)

裸電球のレトロな雰囲気のシンプルなライトをDIY。電球は、光源の色、明るさ、スイッチのON-OFFをスマホから操作できるスマートLEDを使用。

  • 6168
  • 52
  • クリップ

裸電球のレトロな雰囲気が好きです。台座と電球だけの木のキューブに裸電球が乗っているようなイメージのシンプルな照明を作ってみました。

材料

・ソケットとコード
・台座部分の木
・電球

ハンズへ買いに行きました。ソケットとコードそしてスイッチが一体となった物をゲット。

台座部分は、当初はシナ合板などで作ろうと思っていましたがハンズの別の売り場で「桐の小物入れ」を発見!イメージがビビッと来たので急遽コレで作ることにしました。

電球はAmazonで。スマホで操作出来るスマートLED電球です。スマートLEDはスピーカー機能がついていたり変にゴツいものが沢山ありますがなるべく普通の電球サイズとカタチの物を選びました。

加工&組み立てる

ソケットとコードを通す穴を電動ドリルのビットをホールソーに変えてくり抜く。ホールソーは扱いがちょっと難しく綺麗にあけるには多少テクニックが必要です。

続いて、ソケットが丁度出るように高さを調節。木は100均で買ってきました。直接見えない部分なので見栄えは無視してテキトーに。木の接着は100均の接着剤でスピーディーに。

見栄えはテキトーですが、高さとソケットの位置はホールソーであけた穴にぴったりハマるように中央にミリ単位で正確に配置。

箱をかぶせて出来上がり。ヤスリで全体的になめらかにする他、さらにペイントするなどカスタムする余地はあると思います。

スマートLED電球

スマートLEDも値段が手頃になってきましたね。¥1500くらいでしたがトラブル無く1年以上使ってます。

アプリをスマホにDL。Bluetoothでペアリング。このあたりの操作や方法は購入したスマートLEDメーカーに従って下さい。

複数個連動可能。私はもう一つ追加購入して2個連動させて使っています。もちろんキューブも同じ手順でもう一つ作りました。

完成!

スマホで電球のスイッチをON-OFFするのはとても便利です。寝る前枕元から照明を消せますし、トイレや廊下の電球をスマートLEDにしておけば、スマホで手元から照明を点灯させることが出来ます。

反面、色変えは正直微妙ですね。なんというか、個人的にすごいバカっぽい印象です。笑。とくに緑とか。笑。

暖色系の光源は普通に使えます。寝る前や映画タイムとかとてもリラックス出来て良いと思います。お試し下さい!

  • 6168
  • 52
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード