【本物は伝わる:ヒノキの無垢フローリング】

先日、お引き渡しをした住宅。床材はお客さんとの打ち合わせでヒノキの無垢材を選択しました。ヒノキやスギなど国産の無垢材を使った住宅は、家の中に入ると空気の柔らかさが違います。これは体感できるくらいの違いなんです・・・。
ヒノキやスギは、柔らかい材料なので、傷がつきやすかったり、汚れやすかったりとデメリットもありますが、それを上回る魅力のある材料です。
子供も、その触り心地や気持ち良さが直感的にわかるようで、すぐに裸足になって走りまわる様子をよく見かけます。今回のお引き渡しの際も、そうでした。やっぱり、本物は伝わりますし、自然素材に囲まれて成長してほしいです・・・。子育て世代の住宅にはオススメです。

  • 873
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 873
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

ケヤキやエゴ、ソロなど武蔵野の緑豊かなアトリエの中で実際の体験を通しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族の「暮らし」を考え、 デザインを通して新たな空間を提…

おすすめ

話題のキーワード