家族が健康で暮らせる住まいは、マイナスイオンが豊富な「還元環境の家」

家族が健康で暮らせる住まいとは?

住んでいるだけで血液サラサラ、免疫力が向上してくる魔法のような家です。
そんな家あるわけ無いし。とか、あったらいいね。って思われたあなたは読み続けてください。
そして、実際に建っている住まいなどの建物に足を運んでみてください。

最近は、健康住宅という名の「高気密高断熱住宅」で「準不健康住宅」他なりません。
高気密高断熱にすることで建物内の温度差は減らせるかもしれません。
そうすると温度差から引き起こされる心筋梗塞なんかは減らせるかもしれませんね。
それから窓を閉め切っておけば花粉や埃も入ってきにくいかもしれません。
そしたら、家の中では花粉症の症状はおさわってるかもしれません。

でも、本当の健康住宅とはこんな家じゃないのです。

健康であるためには、室内環境が電子が豊富で帯電しにくい環境であるといいです。
電子が豊富な環境とは、滝壺や酒蔵など清々しい空気環境になっています。
まるで、家の中で森林浴しているかの様な住宅なのです。

こんな家は、窓を開けていても埃や花粉など帯電しているところに寄せ付けられる物は反発して入ってきにくくなります。
また電子は、シックハウス症候群を引き起こす揮発性化学物質を無害な安定した物質に化学変化させる様です。

  • 873
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 873
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

滋賀県高島市に昭和45年創業、平成2年法人設立した、住宅を主に手がける工務店です。自社内で一級建築士、大工棟梁が役員在籍し、お施主様と一緒になって「健康に暮らし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード