SHAPES-円形の書斎、台形の寝室、そして…

Uさんご夫婦は、県立美術館でキュレーターをなさっているご主人と美大卒の奥様。アートコレクションを飾れる部屋にしたいという相談を受け、空間ごとに区切っていくのではなく、空間の中に箱を置いていくというアイデアをご提案しました。

最終的には、直径2.5mの円形の書斎、台形の寝室とウォークインクローゼット、四角いサニタリーを空間の中に出現させました。本棚に囲まれたスペースにはデスクがふたつ並び、心地よいこもり感があります。天井が空いていて入口のドアがなく、小さな窓もあるので、中にいても外の気配が伝わってきます。

ギャラリーのようにコレクションを飾るため、壁の色は白が基本ですが、裏側で色をたくさん使っています。部屋全体、それぞれのエリアのぱっと見の印象は白ですが、実はあちこちに色が点在していて、それが反射したところに淡い色合いが見えます。“裏側のカラーリング”が裏テーマになった、個性的で素敵なお家が出来上がりました。

  • 3465
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
存在感のある円形の書斎。大きなニッチは読書スペースに
壁の色は白が基本ですが、裏側で色をたくさん使っています
キッチンは手元が隠れる高さの壁を設置。すっきりと見える
ニッチはギャラリースペースに。壁の上部には本を収納
ひと続きのサニタリースペース。ポップな色がアクセントに
玄関から中へ入る廊下の壁はかなりの傾斜。壁の反対側は寝室だ
ぱっと見の印象が白い家の中にカラフルなタイルを使った浴室
  • 3465
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード