雑木で作る白亜の庭|ヨーロッパのお城のガーデンを再現 ロイヤルガーデン

北欧の古城のイメージに仕上げてほしいのですが・・・。
そんなご依頼を頂きイメージ図をその場で作成しお伝えしたところ一発OKを頂きました。

  • 5572
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

春の新緑の季節の雑木は 一年四季を通して 一番美しい姿かもしれませんね。

植栽だけで大きくイメージが変わります。

北欧の古城のイメージに仕上げてほしいのですが・・・。
そんなご依頼を頂きイメージ図をその場で作成しお伝えしたところ一発OKを頂きました。

早春まだ宿根草の芽が吹いていませんが初夏には美しく足元を隠してエレガントに大変身してくれます。

BEFORE

モミジだけがポツンと植栽されていた着工前。

AFTER

雑木風シマトネリコ、アオダモ、植えられていたイロハモミジ、アブラチャン、ジューンベリー、カツラで基本の構成をしました。

なかでもひと際大きなカツラ。

古城=堀の中に建つイメージからカツラを選択しました。
丸葉で優しいイメージも出してくれます。

埋め立てた土だったため充分にスペシャル配合の土壌改良をし水はけがよく水持ちの良い土に改良いたしました。植栽にはそんな矛盾が生じる客土が求められます。

写真からネバチの大きさわかりますか?
カツラH=6.5 C=11本株立 高級木です。
枯らすわけにはいきませんからね。

大変身の様子をご覧ください

緑に囲まれた美しいタタズマイへと 一新いたしました。




そして

アブラチャン。新芽が美しい季節。

宿根草が大きくなったころまた 様子を見に伺います。

素晴らしい景色に変化している事でしょう。

  • 5572
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エクステリア施工

庭に完成という言葉はなく家族と共に成長していくものなのです。風水学も使い、提案する自然樹形の樹々はのびやかで健やかな表情を見せてくれます。そこに住まう方々にとっ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード