マンションの壁紙をリフォーム!おすすめの方法や注意点をしっかりおさえよう

今回は、マンションの壁紙リフォームの注意点やおすすめの方法などをご紹介していきます。マンションの壁紙リフォームで失敗しないためには、マンションならではの注意点を把握しておくことが大切です。一戸建てとは少し勝手が異なるため、行動を始める前にマンションの特性をしっかりと理解し、計画を立てていきましょう!

  • 3363
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マンションの壁紙リフォームで注意しておきたいポイント

【ポイントその1】管理組合への届け出

マンションをリフォームする際には、例えば壁一面など小規模なリフォームであっても、管理組合への届け出が必要となります。また、内容によっては、希望するリフォームを行えないケースも見られるため、事前に契約書などで確認をしておきましょう。

また、周辺住民とのトラブルを回避するために、上下左右の住人に挨拶に行くことも大切なポイントです。

【ポイントその2】部屋の広さも考えてカラーとデザインを選ぶ

物件にもよりますが、一般的なマンションはそれぞれの部屋のスペースが限られており、特に広いわけではありません。そのため、圧迫感のあるカラーやデザインを選ぶと、部屋が以前より狭く感じてしまう恐れがあります。

一般的には、暗い色や大き目の柄は圧迫感が生じやすいとされています。そのため、狭い部屋を広く見せたい場合には、明るい色など開放感が生じやすい壁紙を選ぶようにしましょう。

【ポイントその3】スイッチやエアコンとの兼ね合いも確認

真っ白な壁紙は綺麗なイメージを与えますが、その壁にスイッチやエアコンなどが備わっていると、かえって汚れが目立ってしまう恐れがあります。一般的なマンションでは、スイッチやエアコンの位置を動かすことが難しいため、はじめからスイッチやエアコンとの兼ね合いを考えた上で、壁紙のカラーを決めることが大切なポイントとなります。

もちろん、スイッチやエアコンは磨けば綺麗になる可能性があるため、事前にしっかりと掃除をしておくことも重要です。掃除をした上で、壁紙のカラーを決めるようにしましょう。

生活音が気になる?そんな方は防音リフォームを考えてみよう

マンションは集合住宅であるため、周辺住民の生活音が気になるといった方もいることでしょう。そのような方におすすめの方法が、「防音リフォーム」です。

防音リフォームにも複数の種類がありますが、お手軽な防音対策としては、壁紙クロスの下に遮音シートを追加する方法が挙げられます。壁紙を張り替えるタイミングであれば、遮音シートを追加するのに特に手間はかかりません。

遮音シートの中には、石膏ボードの下に追加できるタイプも存在しています。クロス以外の素材であっても、防音リフォームを実現できる可能性は十分に考えられるため、積極的に防音リフォームを計画してみましょう。

おわりに

一戸建てと同じ感覚でマンションの壁紙をリフォームすると、部屋に圧迫感が生じたり、周辺住民の生活音が気になったりといった失敗をしやすくなります。また、マンションによって可能なリフォーム内容には違いが見られるため、計画の段階でしっかりと確認しておきましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 3363
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード