☆子供がいても、忙しくても☆簡単・素敵にインテリア☆

小さな子供がいたり
仕事で忙しいと、

お部屋を飾って素敵に暮らすことは、ムリ!と、諦めている方も多いのではないでしょうか?

でも、ほんのちょっとしたコツを掴めば、

簡単に、素敵にお部屋を彩る事が出来ます。

今回は、そんなコツをお伝えします。

  • 166551
  • 2689
  • 22
  • いいね
  • クリップ

とりあえず天井から吊り下げる

天井から何かを吊り下げると、空間が手っ取り早く埋まり、躍動感が出ます。

天井から、ドライフラワーを吊り下げています

飾るポイントは、部屋の隅

こちらも、ドライフラワーです
アンティークアジサイ

こちらは、1枚目と同じドライフラワー

アナベルというアジサイです
こちらは、モビール

床やキャビネットの上は、


インテリア小物を置く場所がない

小物を置くと、埃がたまってお掃除が大変になるから嫌

子供にイタズラされるから嫌

と、いう方も、天井から吊り下げるなら、ハードルが低いのではないでしょうか☆

ドライフラワーは軽いので、ピンでとめているだけです

建築中や、リフォームをお考えの方には、是非、照明を吊り下げる計画にすることをオススメします☆

アートを飾る

次に、アートフレームのオススメです

アートを飾ると、

隣にさりげなく飾った子供の絵も素敵に見えるので不思議です☆

購入のポイントは、大きさ

手っ取り早く、1枚で素敵に見せたいのなら

A4サイズぐらいの小ぶりなものより、

A2サイズぐらいの大きいものをオススメします。

下のフレームのサイズは、50センチ×70センチです

小物を沢山並べるより、大きいものの方が、1枚でバランスがとれます

小さいものは、並べても、バランスをとるのが難しい
大きいポスターなら、1枚で素敵に
こちらも、50×70センチです

飾り方ですが、うちは全て、

「壁に立て掛けるだけ」

です。

壁に穴を開けなくても良い、アートフレームの床置きは、気軽でオシャレに見えて、オススメです。

お花はドライかフェイクフラワーを上手く使う

生花はフレッシュな気分になり、何よりきれいで大好きですが、

忙しいと、買いに行く暇もなければ、お水も変えられなくて、
すぐに枯らしてしまうなど、なかなかハードルの高い相手です

上手く使いたいのが、ドライフラワーや、フェイクフラワー

上の写真の手前はドライフラワーで

チェアの下に置いているものは、フェイクフラワー

こちらはIKEAで購入しました

もう一つ同じものを購入し、洗面台に置いています

右端に置いているものが、フェイクフラワー
左上のフェイクフラワーは、アクタスで購入しました

直射日光が入らなくて、本物の植物だとすぐに枯れてしまう寝室にも、フェイクフラワーを

カウンターから、ぶら下げるようにディスプレイしています

生花から長く楽しめるもの

上の写真は、ドライフラワーになる前の、まだフレッシュなアジサイです

こちらは、ユーカリ

お水にさして、しばらくフレッシュな状態を楽しんでいたら、自然とドライになってきます

ドライになってきたな、と思ったら、お水を入れるのを止めています


水あげを少しサボってしまっても、自然とドライになるので楽チンです♬

ドライフラワーは、通常半年ぐらいは楽しめると言われていますが

うちは、生花からもうすぐ1年ぐらいが経ちます

未だに活躍していますよ!

ユーカリは特にオススメで、

アジサイは、アジサイの中でも、秋色アジサイと呼ばれる

カメレオン、未来、西安(シーアン)、フェアリーアイ、グリーンシャドウ、水無月、ライムライト、アナベル

などの品種が生花からキレイにドライになりやすいようです

分からなければ、遠慮なくお花屋さんに聞いてみるのがいいと思います!

私も親切なお花屋さんに、色々教えてもらっています☆

フレッシュな秋色アジサイ
ドライにしたら、ユーカリと一緒に飾り棚の中へ

簡単に素敵にインテリア

①天井から吊るす
②アートを床置き
③フェイク、ドライフラワーを使う

でした!

参考になれば幸いです☆

  • 166551
  • 2689
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

間取りもインテリアも収納も☆家のトータルデザインをしています一級建築士インテリアコーディネーターライフオーガナイザー 2004年4月〜2010年10月大手ハウス…

おすすめのアイデア

話題のキーワード