汲み取り式トイレだった!古民家のトイレリフォームをするときのポイント

古民家のトイレは古いタイプであることが多く、汲み取り式トイレの場合もあります。衛生面を考えても、汲み取り式などの古いトイレはリフォームで新しくしてしまいたいものです。今回は、古民家のトイレリフォームをするときに知っておきたいポイントをご紹介します。

  • 15441
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

最近では古民家がブームになっています。テレビでも古民家のDIY特集をみかける機会も増えています。そのため、「古民家を改装して好みの空間を作りたい」「別荘代わりに使いたい」という人が増えています。

しかし、古民家のトイレは古いタイプであることが多く、汲み取り式トイレの場合もあります。今回は、古民家のトイレリフォームをするときに知っておきたいポイントをご紹介します。

汲取り式トイレのリフォーム費用は高い

汲み取り式トイレを水洗トイレに変える場合には、トイレの工事だけでなく、外の便槽の撤去と、浄化槽の設置などの大規模な工事が必要となります。リフォーム費用が100万円以上かかることもあります。

予算がなければ簡易水洗トイレ

リフォーム費用にそこまで出せないという場合におすすめなのが、簡易水洗トイレです。汲取り式のまま、水の流れる便座を設置します。見た目は洋式トイレと変わりません。ただし、臭い対策が必要なので、防臭効果のある壁紙に張り替えるなどの工夫も必要です。

おわりに

古民家のトイレが和式・洋式トイレであれば、ここまでリフォームで苦労することはありません。古民家のトイレが汲み取り式トイレだった場合は、予算に応じて水洗トイレ、もしくは、簡易水洗トイレへのリフォームを行いましょう。リフォーム費用も高くなりがちなので、一括見積もりをうまく活用して適正な価格で古民家のトイレリフォームを行いましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 15441
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード