見ないと損する!団地のキッチンリフォームの注意点をご紹介!

今回は、団地のキッチンリフォームの注意点についてご紹介します。キッチンの老朽化などに伴い、団地にお住まいの方のキッチンリフォームが増えています。ただ、共有部分が大きい団地のリフォームはどこまで行ってよいのか気にされる方は多いです。そこで今回はキッチンリフォーム時の注意点をまとめてみました。ご自分でDIYされる方も必見です。

  • 41098
  • 175
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「団地のキッチンはどこまでリフォームしても大丈夫なの?」
「そもそも団地はキッチンリフォームをしてもいいの?」

キッチンの老朽化などに伴い、団地にお住まいの方のキッチンリフォームが増えています。ただ、共有部分が大きい団地のリフォームはどこまで行ってよいのか気にされる方は多いです。今回は、団地のキッチンリフォームの注意点についてご紹介します。

団地のキッチンリフォーム前に確認するべきポイント

団地のキッチンリフォーム前に確認するべきポイントがあります。

・団地の管理規約
・専用部分の範囲

リフォーム前に、団地の管理規約と共用部分と専用部分の範囲を確認しておく必要があります。団地の管理規約には、その団地でリフォームを行う場合の約束事が書かれています。また、共用部分と専用部分の範囲を確認することで、キッチン移動、天井の工事が可能かどうか確認することができます。

キッチンの交換工事は問題ない

希望しているキッチンのリフォームが、キッチンの場所移動を伴わない工事の場合は、
管理規約と許可を受けていれば、リフォームを行うことができます。

キッチンの移動はできない場合も

団地のキッチンのリフォームで、キッチンの移動を検討している場合、キッチンの移動が出来るケース、出来ないケースが存在します。キッチンの移動は、排水管の位置の変更も必ず伴うため、団地の排水管の位置が変更可能かどうかを確認する必要があります。

団地の排水管は団地の共有スペースにあたる、パイプスペースに繋がっており、パイプスペースに繋がる位置までがキッチンの移動可能範囲となります。床下に空間があり、そこに排水管や電線が配置されている構造の場合は、パイプスペースに排水管を繋げられる範囲であればキッチンの移動が可能です。

しかし、床下にパイプスペースが存在しない構造の場合、排水管の位置を変更する事が不可能なため、キッチンの移動が出来ません。また、構造上は移動ができたとしても、団地の管理規約でキッチンの移動が認められていないケースもありますので、事前に確認が必要です。

見積り依頼時のポイント

団地のリフォームは、団地の管理規約と共用部分と専用部分の範囲によって、どこまでリフォームができるかが変わります。これらの内容によって、具体的な工事方法が大きく変わるため、できるだけ具体的な見積りを取ることが重要です。

団地の図面を用意した上で、一括見積りを依頼した上で、3社程度に業者を絞り込み、直接現場を確認してもらった上で具体的な見積りを出してもらう方法がおすすめです。一括見積を上手に活用しましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 41098
  • 175
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード