古いキッチンをリフォームしたい!種類と工事内容の違いもご紹介

古いキッチンをリフォームすることで、キッチンをキレイで使いやすくしたいですよね。古いキッチンから新しいキッチンへのリフォームは、キッチンの種類とレイアウトの変更を伴うかどうかで、工事内容も費用も大きく変わります。今回は、古いキッチンから交換する際の注意点とキッチンの種類・工事内容の違いに関してご紹介します。

  • 14820
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

古いキッチンのリフォームのポイント

古いキッチンから新しいキッチンへのリフォームの工事内容は、キッチン本体のみの交換か、キッチンの配置の変更も含めた、キッチン全体のレイアウトの変更かで大きく異なります。

リフォーム工事に関して

古いキッチンのリフォーム工事の内容は、

・壁の撤去の有無
・キッチン場所移動の有無

によって、必要になってくる工事内容が大きく変わります。

壁の撤去・場所移動を伴わない場合

壁の撤去と場所移動を伴わない場合のリフォームは、キッチンとダイニングの間に間仕切りが存在しないため、キッチンの取り換え工事のみで完了します。

壁の撤去はするが、場所移動は伴わない場合

キッチンの場所は移動せずに、台所とダイニングの間の壁を撤去したリフォームを行う場合、キッチン機材交換の他に

・壁撤去、修繕
・クロス張り替え

といった費用が発生します。壁の撤去を行う分、大がかりな工事になり、壁の面積や柱の有無などで工事内容・費用は変動します。

壁の撤去・場所移動を伴う場合

壁の撤去、場所移動を伴うリフォームの場合、

・機材交換
・壁撤去、修繕
・クロス張り替え

の工事に加えて、

・配管移設工事
・床の張り替え
・天井の工事

といった工事が発生します。キッチンの場所の移動に伴い、水道管の移設工事、キッチンを撤去した場所の床の張り替え工事が発生します。また、空調ダクトの移設工事を行う場合は、天井に穴を空けて工事する必要があります。大がかりな工事になり、費用も高くなります。

壁の面積や柱の有無に加え、キッチンの移動距離や、床、天井の工事範囲で工事内容や費用が変動します。

キッチンの種類

古いキッチンのリフォームでは、新しいキッチンの種類選びも重要です。代表的なキッチンの種類をご紹介します。

I型キッチン

シンク、コンロ、作業スペースが1列になっているキッチンの形がI型キッチンです。

L型キッチン

シンクとコンロがL字型に並ぶレイアウトのキッチンの形がL字型キッチンです。

アイランド型キッチン

キッチンがダイニングの方を向いている、対面キッチンの中で、キッチンの両端が壁に面していない形のキッチンの形がアイランド型キッチンです。

ペニンシュラ型キッチン

キッチンがダイニングの方を向いている、対面キッチンの中で、キッチンの端どちらか一方が壁に面した形のキッチンがペニンシュラ型キッチンです。

I型キッチンとL型キッチンは、キッチンの移動を伴わなくても設置出来る型のキッチンです。アイランド型キッチンとペニンシュラ型キッチンの設置には、従来の壁付け型キッチンからの変更の場合、キッチンの場所移動が必ず伴いますので、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか。古いキッチンから新しいキッチンへのリフォームは、キッチン本体だけの交換か、レイアウトの変更も伴うかで、工事内容が大きく変わります。一括見積りの際は、工事の範囲を明確にして見積りを依頼することをおすすめします。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 14820
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード