狭いキッチンを広くするためのリフォームポイントをご紹介

狭いキッチンをリフォームすることで、狭いキッチンを広くしたいと考えている方は非常に多いです。狭いキッチンのリフォームは、現在のお住まいが壁の撤去を伴うリフォームが可能かどうかで、出来るリフォームの内容が大きく変わります。今回は、狭いキッチンを広くするリフォームの規模や費用などのポイントをご紹介します。

  • 17786
  • 17
  • 1
  • いいね
  • クリップ

壁の撤去が可能な場合

お住まいの壁の撤去が可能で、現在のキッチンが、壁で仕切られている独立型キッチンの場合、間仕切りの壁を外してオープンキッチンにすることで広々としたキッチンスペースを確保することが出来ます。台所とダイニングの間の壁を撤去したリフォームを行う場合、

・キッチン機材交換
・壁撤去、修繕
・クロス張り替え

といった工事が発生します。壁の撤去が伴うため、比較的大がかりな工事になります。壁の面積や柱の有無などで工事内容・費用は変動します。

壁の撤去が出来ない場合

お住まいの壁の撤去が出来ない場合に出来るリフォームの内容は現在のキッチンの形によって変わります。

現在のキッチンが独立型キッチンの場合

現在のキッチンが、キッチンとダイニングが壁で仕切られている独立型キッチンの場合、キッチン奥にシンクとコンロがL字型に並ぶ「L字型キッチン」を設置して作業スペースを確保することがおすすめです。

その際、奥側のサイズに関しては、キッチンの幅いっぱいのサイズを選択すると、無駄なスペースが発生しないため、キッチンを広く使えます。工事の内容も、キッチン機材の交換のみとシンプルです。

現在のキッチンが対面型キッチンの場合

現在のキッチンが、キッチンがダイニングの方を向いている対面型キッチンの場合、キッチン台が場所を取り過ぎて、キッチンスペースが狭いケースがあります。この場合は、壁付け型キッチンに変更すると、それまでキッチン台で埋まっていた空間が空くためキッチンスペースが広くなるケースが多いです。工事の内容は、キッチンの場所の移動が含まれるため、

・配管移設工事
・床の張り替え
・天井の工事

といった工事が発生します。キッチンの場所の移動に伴い、水道管の移設工事、キッチンを撤去した場所の床の張り替え工事、また、空調ダクトの移設工事を行う場合は、天井に穴を空けて工事を行う必要があり、大がかりな工事になります。

まとめ

いかがでしたか。狭いキッチンをリフォームする方法は、

・壁の撤去が可能かどうか
・現在のキッチンの形

で工事の内容が大きく変わります。一括見積りの際は現在のキッチンの形や壁の撤去が可能かどうかを意識した上で依頼することをおすすめします。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 17786
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード