【コスパ最高】大井町の立ち飲みハシゴ!おすすめ店をめぐる体験レポート!

みなさん品川区大井町をご存知でしょうか。京浜東北線、りんかい線、東急大井町線が乗り入れていて、都内の主要都市はもちろん、横浜川崎や羽田空港へのアクセスも抜群。そのうえデパート、大型家電量販店、大型スーパー、庶民的な商店街もあって住みやすい人気の街です。今回はそんな大井町のダークサイド「東小路飲食店街」をご紹介します。もちろん伝説の立ち飲み屋「晩杯屋」「肉のまえかわ」「亭臚雷亭」も網羅しています。とりあえず5000円もってふらっと出かけてみましょう!

Homes綜研2015のSensuous City[官能都市] 全国6位にランクインした品川区。

大井町東口から30歩で別世界へダイブ

愛する奥さんから手渡された今週のおこづかい5000円を持って、いざ東小路飲食店街へ!
※おこづかいに余裕がある方、もしくは可処分所得に自己裁量をお持ちの方は、阪急ホテル3Fにあるスーパー銭湯「おふろの王様 大井町店」で汗を流してから繰り出すと、さらにオツです。スチャダラパー「サマージャム95」が脳内リピートです。

看板を潜るとレトロな世界観が広がる。潔癖性な人には向いてません!女の子が来るとものすごくモテます!(きたないおっさんから)

まずはセンベロ居酒屋でカンパイ

大井町といえば居酒屋「晩杯屋」です。まずはここの1Fカウンターで乾杯するところからスタートです。天井が低くてなんだか秘密基地感があります。そして不安になるくらい安く、ほとんどのメニューが200円以下です。

注文(2名分)
・生ビール 410円 ×2
・煮込み 130円
・極厚ハムカツ 310円
・マカロニサラダ 130円
・レバフライ 130円
 
合計1520円

安すぎる。。「うーむ。。ナマモノとかレバーとかカキとかは避けておこうかな?」とか思ったら負けです。

ただし、ここはあまり長居するようなお店ではありません、なにしろお客さんが次から次へとやってくるので、サクッと1~2杯飲んだら次へ行きましょう。お店側の回転率を落とさないように気を遣えるのも、スマートな常連の嗜みなのです。

☆連れていった友人の感想☆
「千と千尋の神隠しっぽい。世界観がすごい」
「玉子入り煮込みがめちゃくちゃ美味しかった」
「テーブルがべとべとしてるのが気になった自分が情けない」

酔っ払いの聖地、肉のまえかわ

ごった返す店内はもちろん、店内に収まりきらない酔っ払い達が道端で宴会をしています。バイオハザード、ゾンビ映画っぽい世界観。

2件目は東小路のちょうど真ん中あたりに位置する肉屋「肉のまえかわ」に行きましょう。お肉屋さんが立ち飲みスペースを解放しています。

ここは明らかに昼間から呑んでる絶対に尊敬できない偉大なセンパイ方がたむろしています。「ろれつが回ってなくて何しゃべってるか全くわからないおじさん」とか「全発言・全ワードが下ネタなおじさん」とか「私の履歴書よろしく自伝エピソードを永久にしゃべり続けるおじさん」などのような「酒飲み界でレベル99」みたいな人たちがひしめいています。適当に相手をするくらいにしておきましょう、うかつに深入りするとここでゲームセットになってしまいます。

☆連れていった友人の感想☆
「伝説級の戦士がゴロゴロしているルイーダの酒場ですかここは」
「バイオハザードのゾンビがうろうろしてるシーンと酷似していてゾクゾクした」

ここのオススメはサシのたっぷり入った「牛たたき」と「コロッケ」や「メンチカツ」などの揚げ物。飲み物は冷蔵庫から缶ビールをセルフで取り出します。がんばって飲み食いしても2,000円使うのが大変です。

注文(2名分)
・缶ビール 300円 ×2
・角ハイボール 330円
・レモンサワー240円 
・牛たたき 590円
・鳥ささみ刺し250円
・メンチカツ 120円
 
合計2130円

「客を働かせる」のが基本スタンス。貼り紙には「よろしく!」の文字。

ケースにはおろしたばかりのお肉や揚げ物がずらり。焼き鳥もあるよ。サワーやハイボールはカウンターの奥で作ってだしてくれます。

焼き鳥もうまいよ。

「孤独のグルメ」でも紹介された中華系センベロ、亭臚雷亭 (ろーらいてい)

こちらも立ち飲み。異常に安いし、劇的にうまい。特に焼売食べてみて欲しい。

注文(2名分)
・生ビール 300円 
・角ハイボール 300円
・レモンサワー200円 ×2
・メンマ 100円
・焼餃子 230円
・焼売 230円
 
合計1560円

この圧倒的な安さ。模造紙で書かれたメニュー表が信じがたくて二度見必死です。
つまみ類は100円から、ドリンクは180円から。肉のまえかわを凌駕する安さです。

しかもすっごく美味しい。
どうせ冷凍餃子みたいのが出てくるんじゃないの?と思わせておいて
ちゃんと手作り、手包みされてるしっかりした焼きたて餃子・蒸したて焼売が出てきます。

お酒のアテなので味は濃いめ。酢、醤油、ラー油を付けてかぶりつくと
餡がたっぷり!ジューシーな肉汁がじゅわーーっ、とほどばしります。

これで230円!本当に大丈夫なのか!?店の経営状況を心配してしまう。
もうちょっと儲けてもいいんじゃないかな。と思ってしまいます。


店員のおねえさんと記念に1枚。めっちゃホスピテリティ高い方です。

☆連れていった友人の感想☆
「コンビニエンスストアばりに各地域に出店してほしい。自炊するよりぜんぜん安い。」
「台湾とか中国とか、海外のお店に来た感覚。混んでるけどさくさくご飯がでてくる。」

締めはシガーバーでゆったり葉巻とラム酒を

スナックにいってカラオケで盛り上がるパターンもあるのですが、今回はおしゃれなLIMIAへの投稿なので、カッコつけてバーに行くとします。ちょっと奥まったところの2階にある、カウンター5席のちいさなシガーバーでまったりします。マスターがいろいろとおしえてくれるので初心者でも安心です。ラム酒をちびちびやりながら葉巻を吸っているとキューバの風を感じます。あるいは扇風機の風を感じます。


☆連れていった友人の感想☆
「ラム酒って海賊が飲むものだと思っていた」
「ここに入るための階段が急すぎてびっくりしたけど、大人の階段ってアレの事だったんですね」

うっとりするKくん。終始かわいいやつです。

こんな時間にラーメンなんて食べちゃダメだ!あんなの糖と脂のかたまりなんだから・・・食べちゃダメだ食べちゃダメだ

飲んだ後のラーメンはダメです。その食欲はニセ食欲なのです。頭ではわかっているのに。。なぜ帰りかけたのに、また引き返してまでこのお店に入ってしまうのでしょうか。。意思とは無関係に引きつける、この「万有引力」のようなチカラが「飲み後のラーメン誘引力」なのです。どうしても逆らえないのです。

東小路入口あたりの中華そば屋「永楽」にオート運転で着席。不可避。

焦がしネギのきいた濃いめのしょうゆスープに柔らか平打ち麺。柔らかい麺の合間にはさむ、シャキシャキもやしがいいアクセント。シンプルだけど完成度の高いラーメン。ていうか中華そばです。


☆連れていった友人の感想☆
「店の雰囲気がド真ん中昭和っぽい。」
「ザ・中華そばっていう感じ。美味い」

華林の酸辣湯麺もかなりうまい。ボリューム満点注意!

古き良きジャパニーズ中華そばの「永楽」に対抗して、大陸系上海料理の「華林」もご紹介しておきましょう。こちらもとっても美味しいお店です!特におすすめなのは酸辣湯麺。こんなの夜中に食べていいのか!っていう刺激的なお味です。ボリュームも満点。

酔っ払いのもつ帰巣本能に身をまかせる

なぜ後半の記憶がないのに、ラーメン食べたか食べてないかさえ思い出せないのに、朝にはふとんに入っているのでしょうか。これはとても不思議な現象ですが、我々酔っ払いに備わった特殊能力です。Googleやトヨタの自動運転システム開発チームは酔っ払いをこそ研究すべきかもしれません。

以上でーす。

朝。わすれたくてもお・ぼ・え・て・な・い。

  • 15254
  • 54
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト