大容量収納BOX DIY♪《前編》

子供の外用の遊び道具って片付ける場所もないので、出しっぱなしなどで、なかなか片付けるのが難しいです‥

今回は、大容量に収納でき、子供にも扱いやすいように作ってみました☆

  • 26869
  • 332
  • 0
  • クリップ

材料

○杉板
○SPF1×4をカットした角材
○キャスター
○蝶番(ちょうつがい)
○チェーン
○三角カン
○セリアつっぱり棒
○セリアフック

キャスターは耐荷重を考えて耐荷重に合うものをつけてください。

私は、回転するキャスターの方が使い勝手いいと思います(^^)

蝶番は蓋に合わせたものを使うようにした方がいいです。

チェーンも耐荷重がいろいろありますので、使用用途に合わせて選んだ方がいいです☆

作り方♫

木材をカットして、サンダーをかけます。

今回も組み立てる前に、塗料【ブライワック】を塗りました。

すのこ状にする場合は、組み立てる前に塗る方が楽です(^^)

組み立てます♫

前後の面をまず、すのこ状にします。

すのこ状にする場合、だいたいの感覚でやるのもいいんですが、このように同じ幅の板とかを挟んでやると、斜めになる事もなく綺麗に仕上がります♫

角材を取り付ける時、底板の幅を空けておきます。

底板と同じ幅の廃材があれば、このように当てれば測る事もなくピッタリの幅を開けれます☆

もちろん廃材でなく、底板をあてて、間を開けたり、測って開けてもいいです(^^)

ボンドで固定して、下穴をあけ、ビス留めしていきます。

ビス留めは全部で6箇所留めていきますが、まず両端1箇所づつ留めて、真ん中の板、そして残りと留めるのがいいかと思います。

前後の板が出来ました(^^)

次は底板を取り付けます。

今回は大きいので四箇所、ビス留めしました。

横板を取り付けます。

ビス留めする前に、とりあえず全ての板が合うか、はめてみます。

ビス留めは一番下の板、一番上の板、真ん中の板の順番に取り付けていきます。

この時、前後の板と隙間が開くようならば、ぐーっと板を押しながら、隙間が開かないようにビス留めした方が仕上がりがいいです。

反対側も同じように取り付けます(^^)

ボックスが完成しました(^^)

キャベツボックスなども、サイズを変えたら作り方は、同じだと思います♫

サイズを変えて作れば、いろいろな用途のボックスを作る事が出来ますよ☆

次回はキャスター、蓋の取り付けを投稿したいと思います。

最後まで読んだいただきありがとうございました。

  • 26869
  • 332
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー