お風呂を移動させるリフォームで知っておくべきポイントをご紹介

お風呂を移動させるリフォームは大規模なリフォームに分類されます。「別の場所に浴室があったほうが便利」や「介護のために浴室を移動する必要が出てきた」など、考えることがたくさんありそうですが、知っておくべきポイントはシンプルです。今回はお風呂を移動させるリフォームで知っておくべきポイントをご紹介します。

  • 9689
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

通常のお風呂リフォームより高い

浴室を移動させるリフォームの場合、移動先に水や電気を供給するための給排水管や電気配線の増設工事が必要です。それに加え、漏水しても大丈夫なように二重床にすることが必要です。通常のお風呂リフォームよりも費用が高くなることを知っておきましょう。

建物の構造をきちんと理解している業者に依頼しよう

建物を建てるときはそれぞれの箇所に負担を分散させられるよう設計しますが、浴室移動リフォームはその設計を変えてしまうケースがほとんどです。家屋の歪みに繋がるだけでなく、場合によっては倒壊の原因となる場合もあります。建築を担当した業者さんや建物の構造をきちんと理解できている業者さんに依頼することが失敗しないためのポイントです。

2階へ移動させる場合はユニットバスがベター

介護など場合によっては2階へ浴室を移動させる必要があると思いますが、その際は在来工法ではなくユニットバスがベターです。2階から水漏れが発生すると1階も被害を被ってしまうので、在来工法に比べ、水漏れの危険性が低いユニットバスがベターです。

浴室移動リフォームの際に知っておくべきポイントをご紹介しました。浴室移動する場合は費用もリスクも高いので、慎重に考えてからリフォームを実行することが大切です。また、リフォーム費用が高額になりやすいので、一括見積を行い、どれくらいリフォーム費用がかかるか比較検討をするのが損をしないポイントです。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 9689
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード